お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-20 10:20
自己組織化マップによるボードゲームの盤面状態の低次元化
柿添祐樹亀井圭史西日本工大)・石川眞澄九工大NC2011-61
抄録 (和) ボードゲームなどを行うエージェントを考える際,その学習時にボードゲームが持つ状態数や情報の次元の大きさが問題となることがある.そういった情報の次元に関する問題は,例えば強化学習では,次元の呪いと呼ばれて問題視されるほど解決するべき重要な課題である.そこで,我々はボードゲームにおける盤面情報の低次元化に自己組織化マップ(SOM)を用いることを提案する.SOMを用いて,盤上のマス1つ1つを覚えることなく,1つの盤面情報として記憶することが可能になれば,盤面情報を表現する際もSOM内のニューロンの座標を指定するのみで盤面情報を表現することができ,大幅な情報次元の削減が見込まれる.本研究では,実際にオセロを例に挙げ盤面情報の低次元化を行った.さらに,SOMよりも入力データの分布を正確に反映しやすいとされるLazy Self-Organizing Map を用いることで,より正確に盤面情報の記憶や復元を行えるようにした. 
(英) Generally speaking, to make agents which play board games such as Chess, Syogi and Othello is associated with difficulty in high order of dimensions, e.g., the number of states to describe the face of a board. The difficulty is well known as “Curse of dimensionality”, and it becomes a barrier to create game agents. To overcome this difficulty, we propose to reduce the dimensions in a board game by Self-Organizing Maps(SOMs). SOMs have an ability that maps high dimension vectors to low one with preserving the topology among high one. That ability makes it possible to reduce the dimensions in a board game drastically. In this paper, we prefer “Othello” game because it has simple rule and the number of huge states, and we adopt lazy SOM(LSOM) which extends the conventional SOMs. The results show that our proposal succeeded in reduce the dimensions in a board game because it recalled about average 75% for matching of the face of a board. Moreover, proposal method which combined with LSOM improved the rate of discovering for common moves about 4% than with conventional SOM.
キーワード (和) 自己組織化マップ / ボードゲーム / 次元削減 / 適応型閾値 / / / /  
(英) Self-Organizing Map / board game / reduction of dimensions / adaptive threshold / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 241, NC2011-61, pp. 95-100, 2011年10月.
資料番号 NC2011-61 
発行日 2011-10-12 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2011-61

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2011-10-19 - 2011-10-20 
開催地(和) 九州大学大橋キャンパス 
開催地(英) Ohashi Campus, Kyushu Univ. 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化、一般 
テーマ(英) Implementation of neurocomputing, modeling for human science, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-10-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自己組織化マップによるボードゲームの盤面状態の低次元化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction of order for states in a board game using Self-Organizing Maps 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自己組織化マップ / Self-Organizing Map  
キーワード(2)(和/英) ボードゲーム / board game  
キーワード(3)(和/英) 次元削減 / reduction of dimensions  
キーワード(4)(和/英) 適応型閾値 / adaptive threshold  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 柿添 祐樹 / Yuuki Kakizoe / カキゾエ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 西日本工業大学 (略称: 西日本工大)
Nishinippon Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀井 圭史 / Keiji Kamei / カメイ ケイジ
第2著者 所属(和/英) 西日本工業大学 (略称: 西日本工大)
Nishinippon Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 眞澄 / Masumi Ishikawa /
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-20 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-61 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.241 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2011-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会