お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-20 14:40
ネットワークコーディングに基づくゴシップの提案
徳山 瞬土屋達弘菊野 亨阪大DC2011-25
抄録 (和) ゴシップは,分散システムにおけるブロードキャスト手法の一つである.ゴシップでは,ブロードキャストを行うノードが,メッセージをランダムに選択されたいくつかのノードに対して送信し,受信したノードも同様にメッセージの転送を行う.この過程を繰り返すことで全ノードに対するメッセージの伝搬が高い確率で実現される.しかし,この手法では多くのノードが同一メッセージを複数回受信するなど,冗長なメッセージが多いという問題がある.そこで,本研究では,ネットワークコーディングを利用したゴシッププロトコルの最適化について提案する.提案手法では,各ノードは受信したメッセージからランダムに新たなメッセージを作り出し,それを送信する.これらのメッセージは全て,オリジナルのブロードキャストメッセージの断片のランダムな線形結合となっている.これにより,各ノードは完全に同一なメッセージを受信することがほとんどなくなり,通常のゴシッププロトコルより,低いメッセージコストで高い信頼性を実現することができる. 
(英) Gossip is a broadcasting method for distributed systems. In gossip, the node that initiates a broadcast sends the broadcast message to some randomly selected nodes. Upon receiving a message, a node then forwards the message to randomly selected nodes. As a result of repeating this process, the message is eventually propagated through the whole network. An obvious problem with gossip is that it incurs significant message overhead: many nodes receive the identical message multiple times, waisting network resources. To address this problem we propose a network coding-based gossip protocol. In the proposed protocol, a broadcast message is not diffused as it is. Rather, it is divided into some fragments and nodes encode and forward random linear combinations of these fragments. This prohibits nodes from receiving an identical message multiple times and, as a result, increases reliability with less message overhead than the ordinary gossip.
キーワード (和) ゴシップ / ブロードキャスト / ネットワークコーディング / 信頼性 / / / /  
(英) Gossip / broadcast / network coding / reliability / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 252, DC2011-25, pp. 31-36, 2011年10月.
資料番号 DC2011-25 
発行日 2011-10-13 (DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード DC2011-25

研究会情報
研究会 DC  
開催期間 2011-10-20 - 2011-10-20 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワーク環境でのディペンダビリティ、および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 DC 
会議コード 2011-10-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ネットワークコーディングに基づくゴシップの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Network Coding-Based Gossip 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ゴシップ / Gossip  
キーワード(2)(和/英) ブロードキャスト / broadcast  
キーワード(3)(和/英) ネットワークコーディング / network coding  
キーワード(4)(和/英) 信頼性 / reliability  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳山 瞬 / Shun Tokuyama / トクヤマ シュン
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 土屋 達弘 / Tatsuhiro Tsuchiya / ツチヤ タツヒロ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菊野 亨 / Tohru Kikuno / キクノ トオル
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-20 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 DC 
資料番号 IEICE-DC2011-25 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.252 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-DC-2011-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会