電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-20 14:20
ブロックLIMと次数縮小モデルを用いた非線形素子を含む多導体系の高速シミュレーション
關根惟敏浅井秀樹静岡大CAS2011-41 NLP2011-68
抄録 (和) 本稿では,ブロックLIM(Latency Insertion Method)と次数縮小手法に基づく高速回路シミュレーション手法について提案する.ブロックLIMは陽的なleapfrog型の差分法を採用した,効率的な過渡解析手法の一つである.ブロックLIMでは,電圧と電流の双対性を適切に利用し,それぞれの変数の時間配置を半ステップずらことで,局所的なブロックごとに独立した更新処理を行っている.提案手法では,局所的なブロックの次数縮小モデルを作成し,ブロックLIMの更なる高速化を行う.回路分割と次数縮小手法を組み合わせた他の従来法と異なり,提案手法は特別な操作を行うことなく回路網を分割し,過渡解析全体のコストを削減することができる.数値検証により,提案手法はCMOSインバータの接続された多導体伝送線路の解析に適していることを示す. 
(英) This paper describes a fast circuit simulation technique based on the block-latency insertion method (block-LIM) and a model order reduction (MOR) technique. The block-LIM is one of the efficient transient analysis methods adopting an explicit leapfrog finite difference method. In the block-LIM, due to duality of voltage and current variables, they are successfully separated from each other by using a staggered time step placement. Thus, each of them can be updated individually within a local block through a time stepping procedure. In this work, we build a reduced order model of the partitioned local block to improve the efficiency of the block-LIM. Compared to other circuit partitioning techniques coupled with the MOR, the order-reduced block-LIM can easily decrease whole computational costs of the transient simulation. Numerical results show that our approach is adequate for the fast simulation of tightly coupled multiconductor transmission lines with CMOS inverters.
キーワード (和) ブロックLIM(Latency Insertion Method) / CMOSインバータ / 高速回路シミュレーション / モデル次数縮小 / / / /  
(英) block latency insertion method / CMOS inverter / fast circuit simulation / model order reduction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 242, CAS2011-41, pp. 49-54, 2011年10月.
資料番号 CAS2011-41 
発行日 2011-10-13 (CAS, NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2011-41 NLP2011-68

研究会情報
研究会 CAS NLP  
開催期間 2011-10-20 - 2011-10-21 
開催地(和) 静岡大学 
開催地(英) Shizuoka Univ. 
テーマ(和) 回路とシステム一般 
テーマ(英) Circuit and System, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2011-10-CAS-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブロックLIMと次数縮小モデルを用いた非線形素子を含む多導体系の高速シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Simulation of Multiconductor System with Nonlinear Devices by Using Block-Latency Insertion Method and Reduced Order Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブロックLIM(Latency Insertion Method) / block latency insertion method  
キーワード(2)(和/英) CMOSインバータ / CMOS inverter  
キーワード(3)(和/英) 高速回路シミュレーション / fast circuit simulation  
キーワード(4)(和/英) モデル次数縮小 / model order reduction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 關根 惟敏 / Tadatoshi Sekine / セキネ タダトシ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅井 秀樹 / Hideki Asai / アサイ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-20 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-41,IEICE-NLP2011-68 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.242(CAS), no.243(NLP) 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2011-10-13,IEICE-NLP-2011-10-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会