お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-18 15:00
準天頂衛星時刻比較用可搬局の開発
成田秀樹雨谷 純相田政則高橋靖弘中澤勇夫浜 真一NICTSANE2011-101
抄録 (和) 準天頂衛星システム(QZSS)は準天頂軌道に複数の準天頂衛星(QZS)を周回させ、日本上空に常時1機以上の衛星を配置するシステムである。その第1段階として平成2010年度9月に1号機を打ち上げて実験を行っている。
情報通信研究機構(NICT)は主に時刻管理系を担当し、準天頂衛星搭載原子時計と地上原子時計の時刻比較を主目的に、研究開発を行ってきた。
地上局は時刻制御実験局(time management station;TMS)の主局がNICT本部(東京都小金井市)に、副局がNICT沖縄亜熱帯計測センターに設置されており、NICT本部では日本標準時であるUTC(NICT)を、沖縄では水素メーザを基準とし、衛星の原子時計と時刻比較を行うことができる。
今回、我々が開発した本可搬局は、移動可能な地上局であり、既存の地上局(小金井、沖縄)以外においても時刻比較実験が可能である。本稿では昨年度整備した準天頂衛星時刻比較用可搬局についてその開発結果を報告する。 
(英) As we designed and constructed the QZSS mobile station, we will report its configuration and performance.
The QZSS mobile station can carry out two-way time and frequency (T&F) comparison with the QZS in the same way as TMS (earth station).And by using bent-pipe function of the QZS, the QZSS mobile station can make T&F comparison with other TMS. And this system has mono-pulse tracking function using C-band telemetry signal transmitted from QZS.
We schedule to transport this system and carry out precise time comparison at the Korea Research Institute of Standards and Science (KRISS) in autumn.
キーワード (和) QZS / QZSS / / / / / /  
(英) QZS / QZSS / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 239, SANE2011-101, pp. 207-209, 2011年10月.
資料番号 SANE2011-101 
発行日 2011-10-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-101

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-10-16 - 2011-10-19 
開催地(和) Udayana University, Bali, Indonesia 
開催地(英) Udayana University, Bali, Indonesia 
テーマ(和) ICSANE 2011 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2011) 
テーマ(英) ICSANE 2011 (International Conference on Space, Aeronautical and Navigational Electronics 2011) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-10-SANE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 準天頂衛星時刻比較用可搬局の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of QZSS mobile station 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) QZS / QZS  
キーワード(2)(和/英) QZSS / QZSS  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成田 秀樹 / Hideki Narita / ナリタ ヒデキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 雨谷 純 / Jun Amagai / アマガイ ジュン
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相田 政則 / Masanori Aida / アイダ マサノリ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 靖弘 / Yasuhiro Takahashi / タカハシ ヤスヒロ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 勇夫 / Isao Nakazawa / ナカザワ イサオ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜 真一 / Shin'ichi Hama / ハマ シンイチ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-18 15:00:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2011-101 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.239 
ページ範囲 pp.207-209 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SANE-2011-10-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会