お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-15 10:55
いけばなシミュレータの学習効果向上に関する検討
岡本仁美向井信彦東京都市大ET2011-48
抄録 (和) 本稿では,バーチャルリアリティ技術を用いたいけばなシミュレータにおける学習効果向上の検討について報告する.具体的には,表示と力覚提示の応答速度差から生ずる反力の不連続性を解消すると共に,花と剣山との距離感の把握を容易にするため,付影処理および立体視表示の追加を行った.さらに,初心者向けガイドラインを作成することで初心者の独学を可能とし,いけばなの練習結果と手本との違いを示すことで,学習効果の向上を図った. ユーザ評価を行ったところ,花と剣山との距離感の把握は大幅に改善され,ガイドラインと練習結果の評価を追加したことについても概ね良好な結果を得た. 
(英) In this paper, we report a study on improvement of learning effect for an IKEBANA simulator. One of the improvements is the reduce of discontinuity of the force generated by a haptic device. Another is the addition of shadowing and stereo vision in order to improve the distance sense between flowers and a pinholder. Furthermore, the simulator presents a guideline for beginners of ikebana so that they can learn ikebana skills by themselves. Finally, the simulator feedbacks the difference between the training result and a standard example to the user for the improvement of learning effect. According to the user’s evaluations, the distance sense between flowers and a pinholder has been greatly improved. The presence of the guideline and the training result also have good evaluations.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / バーチャルリアリティ / いけばな / 力覚提示装置 / 学習システム / / /  
(英) Computer Graphics / Virtual Reality / Flower Arrangement / Haptic Devices / Learning Systems / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 237, ET2011-48, pp. 7-12, 2011年10月.
資料番号 ET2011-48 
発行日 2011-10-08 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2011-48

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2011-10-15 - 2011-10-15 
開催地(和) 金沢大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 学習支援プラットフォーム/一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2011-10-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) いけばなシミュレータの学習効果向上に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Improvement of Learning Effect for Ikebana Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) バーチャルリアリティ / Virtual Reality  
キーワード(3)(和/英) いけばな / Flower Arrangement  
キーワード(4)(和/英) 力覚提示装置 / Haptic Devices  
キーワード(5)(和/英) 学習システム / Learning Systems  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 仁美 / Hitomi Okamoto / オカモト ヒトミ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 大学院 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 大学院 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-15 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2011-48 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.237 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2011-10-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会