電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-14 13:00
[招待講演]エバネッセント波と表面プラズモン共鳴を利用した有機デバイス・センサ
加藤景三馬場 暁新保一成金子双男新潟大エレソ技報アーカイブへのリンク:OME2011-48
抄録 (和) 有機デバイスやセンサは,フレキシブルで,費用効率が高く,大量生産が容易であることなどから,最近,それらの開発のために,有機エレクトロニクスとフォトニクスに関する研究が数多く行われている.特に,有機電界効果トランジスタ,有機発光ダイオード,有機太陽電池,バイオセンサが大変活発に研究されてきている.金属と誘電体界面での表面プラズモン(SP)励起によるエバネッセント波や表面プラズモン共鳴(SPR)は,誘電体超薄膜の評価や有機デバイス・センサへの応用に非常に有用である.本論文では,エバネッセント波やSPRを利用した有機デバイス・センサに関する最近の研究成果について報告する. 
(英) Recently, many researches on the organic electronics and photonics are carried out for the development of organic devices and sensors, which are flexible, cost-effective, and ease in mass production. Particularly, organic field effect transistors, organic light-emitting diodes, organic solar cells and biosensors have been very actively studied. The optical techniques utilizing evanescent waves and surface plasmon resonance (SPR) due to surface plasmon (SP) excitation at the interface between metal and dielectric materials are quite useful for evaluation of organic ultrathin films and applications to organic devices and sensors. In this paper, our recent developments of organic devices and sensors utilizing evanescent waves and SPR are overviewed.
キーワード (和) エバネッセント波 / 表面プラズモン共鳴 / 有機デバイス / 有機センサ / / / /  
(英) Evanescent Wave / Surface Plasmon Resonance / Organic Device / Organic Sensor / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 236, OME2011-48, pp. 1-6, 2011年10月.
資料番号 OME2011-48 
発行日 2011-10-07 (OME) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 OME  
開催期間 2011-10-14 - 2011-10-14 
開催地(和) 機械振興会館 B3-2 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. B3-2 
テーマ(和) 有機デバイス全般・一般 
テーマ(英) General Aspects and Miscellaneous Organic Devices 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OME 
会議コード 2011-10-OME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) エバネッセント波と表面プラズモン共鳴を利用した有機デバイス・センサ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Organic Devices and Sensors Utilizing Evanescent Waves and Surface Plasmon Resonance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) エバネッセント波 / Evanescent Wave  
キーワード(2)(和/英) 表面プラズモン共鳴 / Surface Plasmon Resonance  
キーワード(3)(和/英) 有機デバイス / Organic Device  
キーワード(4)(和/英) 有機センサ / Organic Sensor  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 景三 / Keizo Kato / カトウ ケイゾウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬場 暁 / Akira Baba / ババ アキラ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新保 一成 / Kazunari Shinbo / シンボ カズナリ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 双男 / Futao Kaneko / カネコ フタオ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-14 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 OME 
資料番号 IEICE-OME2011-48 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.236 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OME-2011-10-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会