電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-12 10:50
APANの役割と課題
小西和憲サイバー大)・後藤滋樹早大
抄録 (和) APAN (Asia-Pacific Advanced Network)は、米国政府機関NSF (National Science Foundation)主導による国際研究教育ネットワーク構築計画に呼応して、わが国が中核となりアジア各国を代表する研究教育ネットワーク (NREN, National R&E Network)を取りまとめ、1997年に東京で設立したコンソーシアムである。 APANへの参加資格として、国(や経済)を代表することが要求されるので、わが国の研究教育ネットワークを管理する省庁等が参加し、日本APAN連絡協議会 (APAN-JP)が設立された。 本稿では、APANの位置付けと役割を明確にした上で、今後の政策的および技術的課題について私見を述べる。 
(英) APAN is an Asia-based consortium established in 1997, and has worked to develop & deploy the global R&E Networks, with the help of EC's developing project as well as the leading contribution of a US government NSF(National Science Foundation). The member of APAN should represent the R&E network projects of the Nation or the equivalent economy, and thus our governments jointly established APAN-JP Consortium, including the non-government R&E network WIDE project. This paper describes APAN position & the role, and tries to clarify the challenges for the policy as well as the technical engineering.
キーワード (和) APAN / JGN / MAFFIN / NREN / NSF / SINET / TEIN / WIDE  
(英) APAN / JGN / MAFFIN / NREN / NSF / SINET / TEIN / WIDE  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 229, IA2011-15, pp. 3-5, 2011年10月.
資料番号 IA2011-15 
発行日 2011-10-05 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2011-10-12 - 2011-10-12 
開催地(和) ガーデンシティ品川 
開催地(英) Garden City Shinagawa 
テーマ(和) ネットワーク研究開発テストベッド運用・利用,一般(ADVNET共催) 
テーマ(英) Network R & D Testbed Operation and Utilization, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2011-10-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) APANの役割と課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) APAN's Role and the Challenges 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) APAN / APAN  
キーワード(2)(和/英) JGN / JGN  
キーワード(3)(和/英) MAFFIN / MAFFIN  
キーワード(4)(和/英) NREN / NREN  
キーワード(5)(和/英) NSF / NSF  
キーワード(6)(和/英) SINET / SINET  
キーワード(7)(和/英) TEIN / TEIN  
キーワード(8)(和/英) WIDE / WIDE  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 和憲 / Kazunori Konishi / コニシ カズノリ
第1著者 所属(和/英) サイバー大学 (略称: サイバー大)
Cyber University (略称: Cyber Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 滋樹 / Shigeki Goto / ゴトウ シゲキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-12 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2011-15 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.229 
ページ範囲 pp.3-5 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-IA-2011-10-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会