お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-26 13:30
LUT間の入力共有に基づく小面積論理クラスタ構造の一提案
高橋知也井上万輝尼崎太樹飯田全広久我守弘末吉敏則熊本大RECONF2011-25
抄録 (和) クラスタベースFPGAは,基本論理セルであるLUTを複数もつ論理クラスタから構成される.
論理クラスタ内では,各LUTはローカル配線によって接続されている.
しかし,ローカル配線はリソースが非常に多く,論理クラスタ内に占める面積の割合も大きいため,FPGA全体の面積に大きな影響を与えている.
そこで本稿ではローカル配線のリソース量削減を目的とし,LUT間の入力ピンを共有した論理クラスタ構造を提案する.
LUT間の入力共有により,個々のLUTに対して配線リソースを用意する必要がなく,結果としてリソース削減につながる.
ベンチマーク回路を実装した結果,従来のクラスタ構造に比べてFPGAの総面積を平均5%,最大16%削減することができた. 
(英) Cluster-based FPGAs are composed of logic clusters having LUTs which are basic logic elements.
At each of logic clusters, LUTs are connected by a network of local routing wires.
This network has a large number of wires and accounts for major area of FPGA.
Thus, it is important to reduce local routing wires in the FPGA.
In this paper, we propose a novel cluster structure which shares the input pins among several LUTs.
The input sharing LUTs requires only a few routing resources and therefore reduces the amount of wires.
As a result, FPGA area is decreased by 5% on average and 16% at maximum as compared with a conventional cluster structure.
キーワード (和) クラスタベースFPGA / 論理クラスタ / ローカル配線 / / / / /  
(英) cluster-based FPGA / logic clusters / local routing networks / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 218, RECONF2011-25, pp. 19-24, 2011年9月.
資料番号 RECONF2011-25 
発行日 2011-09-19 (RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RECONF2011-25

研究会情報
研究会 RECONF  
開催期間 2011-09-26 - 2011-09-27 
開催地(和) 名古屋大学(NCES) 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) リコンフィギャラブルシステム、一般 
テーマ(英) Reconfigurable Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2011-09-RECONF 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LUT間の入力共有に基づく小面積論理クラスタ構造の一提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Novel Cluster Structure based on Input Sharing of LUTs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスタベースFPGA / cluster-based FPGA  
キーワード(2)(和/英) 論理クラスタ / logic clusters  
キーワード(3)(和/英) ローカル配線 / local routing networks  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 知也 / Toshiya Takahashi / タカハシ トシヤ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 万輝 / Kazuki Inoue / イノウエ カズキ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 尼崎 太樹 / Motoki Amagasaki / アマガサキ モトキ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 全広 / Masahiro Iida / イイダ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 久我 守弘 / Morihiro Kuga / クガ モリヒロ
第5著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 末吉 敏則 / Toshinori Sueyoshi / スエヨシ トシノリ
第6著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-26 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-RECONF2011-25 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.218 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RECONF-2011-09-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会