お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-21 13:00
アブダクティブ要求分析
妻木俊彦NIIKBSE2011-27
抄録 (和) 社会のインフラストラクチャや人命救護など,情報システムの適用対象範囲は急速に拡大している.対応すべき事象は格段に増加し,それと共に,想定外の事象の発生が重大な結果を引き起こすことが明らかになりつつある.これまでの要求工学の枠組みの中では,要求はステークホルダを介して獲得されることが多かった.しかし,通常のステークホルダから想定外の事象に対する要求を引き出すことは難しい.本稿では,アブダクションを使って想定外の事象を想定し,それを要求分析と組み合わせて使用するための方法を提案する. 
(英) Application of information system is rapidly spreading to various areas: the infrastructure of society, the saving of human life and so on. The kinds of phenomena to cope are increasing and we knew that the unpredictable ones will bring about the serious consequences. It is difficult to obtain the requirements concerning unpredictable phenomena from general stakeholder using existing requirements acquisition methods. In this article, we propose a new method to assume the unpredictable phenomena with abduction and the usage of the method together with existing methods.
キーワード (和) 要求分析 / 想定外の現象 / アブダクション / HAZOP / / / /  
(英) Requirements analysis / unpredictable phenomena / Abduction / HAZOP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 211, KBSE2011-27, pp. 19-24, 2011年9月.
資料番号 KBSE2011-27 
発行日 2011-09-14 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード KBSE2011-27

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2011-09-21 - 2011-09-22 
開催地(和) オーシャングランドホテル済州 
開催地(英) Ocean Grand Hotel Jeju 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2011-09-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アブダクティブ要求分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Requirements Elicitationusing Abduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 要求分析 / Requirements analysis  
キーワード(2)(和/英) 想定外の現象 / unpredictable phenomena  
キーワード(3)(和/英) アブダクション / Abduction  
キーワード(4)(和/英) HAZOP / HAZOP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妻木 俊彦 / Toshihiko Tsumaki / ツマキ トシヒコ
第1著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Infomatics (略称: NII)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-21 13:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2011-27 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.211 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2011-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会