電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-21 10:45
環境電磁波情報からの異常信号検出問題におけるクラスタリングに関する一検討
浦田悟志安川 博愛知県立大)・板井陽俊中部大)・内匠 逸名工大
抄録 (和) 現在,環境電磁波観測データから地震等地殻変動の発生に由来する異常な電磁放射(以下,異常信号)を
検出する研究が行われており,著者等は極超低周波数帯による
電磁波観測と解析を行っている.
先行研究により様々な異常信号検出手法が提案されているが,
学習データ数の制限により,未知の異常信号検出が困難である,
異常信号と関連のない突発的な非定常信号を誤検出するなどの問題がある.
そこで,異常信号を含まない観測信号の振幅密度分布のみをHMMに学習させ,異常信号を検出する手法が提案された.しかし,検出結果の時間分解能に対する考察が十分でなく,異常信号の放射期間の特定が14日後となる問題があった.本稿では,学習データよりも短い期間の振幅密度分布から抽出した入力シンボルを学習済みHMMに入力した際における異常信号検出の可能性について示す. 
(英) It is known that the detection of an anomalous signal radiated from the earth's crust is useful for predicting the precursor of the earthquakes.
We have observed the electromagnetic (EM) wave using the Extremely Low Frequency band. Various methods for detection of an anomalous signal have been proposed.
The known problem of those technique is related to a false detection due to the limitation of training data.
We proposed the HMM based anomalous signal detection whose training data is the amplitude density distribution extracted from normal EM wave signals.
However, the time resolution of anomalous signal detection is not discussed enough.
In this paper, anomalous signal detection using amplitude density distribution calculated by short term signals is proposed to track a temporal change of acceptance probability.
キーワード (和) 環境電磁波 / 隠れマルコフモデル / ELF帯 / 振幅密度分布 / 信号検出 / / /  
(英) electromagnetic wave / Hiden Markov Model / extremely low frequency band / amplitude density distribution / signal detection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 210, SIS2011-23, pp. 11-16, 2011年9月.
資料番号 SIS2011-23 
発行日 2011-09-14 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2011-09-21 - 2011-09-22 
開催地(和) 秋田大学手形キャンパスベンチャービジネスラボラトリー 大セミナー室 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2011-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 環境電磁波情報からの異常信号検出問題におけるクラスタリングに関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Clustering for Anomalous Signal Detections from Electromagnetic Wave Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 環境電磁波 / electromagnetic wave  
キーワード(2)(和/英) 隠れマルコフモデル / Hiden Markov Model  
キーワード(3)(和/英) ELF帯 / extremely low frequency band  
キーワード(4)(和/英) 振幅密度分布 / amplitude density distribution  
キーワード(5)(和/英) 信号検出 / signal detection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 浦田 悟志 / Satoshi Urata / ウラタ サトシ
第1著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安川 博 / Hiroshi Yasukawa / ヤスカワ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 愛知県立大学 (略称: 愛知県立大)
Aichi Prefectural University (略称: Aichi Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 板井 陽俊 / Akitoshi Itai / イタイ アキトシ
第3著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 内匠 逸 / Ichi Takumi / タクミ イチ
第4著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-21 10:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-23 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2011-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会