電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-21 11:45
ERPによる食品外観評価のための課題に関する実験的検討
本間智大田中元志井上 浩新山善嗣秋田大
抄録 (和) 事象関連電位(ERP)を用いて食品の外観の好み評価を検出するために,認知・判断に関連するERP成分P300に着目し,被験者に与える課題について検討した.はじめに,好み評価させたときのERPについて,同じ実験を同じ被験者で1週間,1か月後に行い,被験者の好みを検出できることを確認した.次に,評価時のP300を大きく検出する課題の検討として,評価語に対応する画像の枚数を変えて好み評価させたときのERPを測定した.画像毎のP300面積を抽出した結果,「とても好き」,「次に好き」と評価する画像が各1枚のとき,P300面積の大きさと好みの順が一致した.この結果から,被験者の好みが不明である場合にも対応できる評価課題を提案し,被験者2名であるが評価実験を行った.また,P300面積の抽出範囲について若干の検討を加えた. 
(英) In order to study the application of event-related potential (ERP) for performing evaluation of food, the task was studied when subjectively
judging the appearance of food that subjects liked. First, it was confirmed that P300 of the opinion ``more favorite'' became bigger, even if the same opinion test was done after 1 week and 1 month. Next, as a study on the task for detecting bigger P300, the effect of the combination of the number of food pictures and the corresponding to each opinion were discussed. In results, the order of the P300 area and the evaluation was the same, when the number of the picture correspnding to the opinions ``more favorite'' and ``favorite'' were one, respectively. Then, a task in the case where foods that subjects did not like were included was proposed and used for an ERP measurement for 2 subjects. And the range of the latency for calculation of P300 area was also discussed. The results indicate the potential of the proposed task for food evaluation by the ERP.
キーワード (和) 事象関連電位 / P300 / 食品 / 外観 / 好み評価 / 課題 / /  
(英) event-related potential / P300 / food / appearance / opinion test / task / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 210, SIS2011-26, pp. 27-32, 2011年9月.
資料番号 SIS2011-26 
発行日 2011-09-14 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS IPSJ-AVM  
開催期間 2011-09-21 - 2011-09-22 
開催地(和) 秋田大学手形キャンパスベンチャービジネスラボラトリー 大セミナー室 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的マルチメディアシステム,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2011-09-SIS-AVM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ERPによる食品外観評価のための課題に関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental Study on Task for Evaluation of Food by ERP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 事象関連電位 / event-related potential  
キーワード(2)(和/英) P300 / P300  
キーワード(3)(和/英) 食品 / food  
キーワード(4)(和/英) 外観 / appearance  
キーワード(5)(和/英) 好み評価 / opinion test  
キーワード(6)(和/英) 課題 / task  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本間 智大 / Tomohiro Honma / ホンマ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 元志 / Motoshi Tanaka / タナカ モトシ
第2著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 浩 / Hiroshi Inoue / イノウエ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 新山 善嗣 / Yoshitsugu Niiyama / ニイヤマ ヨシツグ
第4著者 所属(和/英) 秋田大学 (略称: 秋田大)
Akita University (略称: Akita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-21 11:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-26 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.27-32 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SIS-2011-09-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会