お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-09-06 10:00
ブースティングの判別高速化と顔検出への応用
泉 亮多川喜田雅則竹内純一九大/九州先端科学技研)・胡 軼高森哲弥亀山祐和富士フイルムPRMU2011-70 IBISML2011-29
抄録 (和) ブースティングによる判別器を高速化する手法を提案する.例えば
顔検出のように適用対象によっては,訓練時間や判別精度だけでな
く判別時の計算コストが問題となる場合がある.
本稿ではブースティ
ングによる判別器の高速化法として$\gamma$打ち切り法と順序構造学習を
提案する.鍵となるアイディアは,一般に全ての弱判別器を評価す
る前に,判別関数の符号が分かるという事実である.我々の手法の
一つの利点は判別器の精度を落とさない点である.もう一つの利点
は順序構造学習が教師なし学習であるため,共変量シフトの状況に
適応できることである.実際に提案法を顔検出に適用した結果,
判別の計算コストを20\%削減することに成功した. 
(英) We propose an acceleration technique for boosting classification.
Not only classification
accuracy and/or training cost but also cost of classification itself can be critical in several apprications including face
detection. In this paper, we propose $\gamma$ truncation rule and Order Structure Learning for boosting classifier.
The key idea of our proposal is the fact that one can determine the sign of discriminant function
before all weak learners are evaluated in general. An advantage is that our algorithm has
no loss in classification accuracy. Another advantage is that our proposal is a unsupervised
learning so that it can treat a covariate shift situation.
Moreover, we applied the proposal method to the face detector.
As a result, our proposal succeeds in reducing the classification cost by 20\%.
キーワード (和) ブースティング / 判別コスト / 高速化 / 顔検出 / / / /  
(英) boosting / classification cost / acceleration technique / face detection / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 194, IBISML2011-29, pp. 111-117, 2011年9月.
資料番号 IBISML2011-29 
発行日 2011-08-29 (PRMU, IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-70 IBISML2011-29

研究会情報
研究会 PRMU IBISML IPSJ-CVIM  
開催期間 2011-09-05 - 2011-09-06 
開催地(和) はこだて未来大学 
開催地(英)  
テーマ(和) コンピュータビジョンとパターン認識のための機械学習 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2011-09-PRMU-IBISML-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブースティングの判別高速化と顔検出への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acceleration of boosting discrimination and its application to face detection 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブースティング / boosting  
キーワード(2)(和/英) 判別コスト / classification cost  
キーワード(3)(和/英) 高速化 / acceleration technique  
キーワード(4)(和/英) 顔検出 / face detection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 亮多 / Ryota Izumi / イズミ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies (略称: kyushu Univ/ISIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川喜田 雅則 / Masanori Kawakita / カワキタ マサノリ
第2著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies (略称: kyushu Univ/ISIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 純一 / Jun'ichi Takeuchi / タケウチ ジュンイチ
第3著者 所属(和/英) 九州大学/九州先端科学技術研究所 (略称: 九大/九州先端科学技研)
Kyushu University/Institute of Systems, Information Technologies and Nanotechnologies (略称: kyushu Univ/ISIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 胡 軼 / Hu Yi /
第4著者 所属(和/英) 富士フイルム株式会社 (略称: 富士フイルム)
Fuji Film Corporation (略称: Fuji Film)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高森 哲弥 / Tetsuya Takamori / タカモリ テツヤ
第5著者 所属(和/英) 富士フイルム株式会社 (略称: 富士フイルム)
Fuji Film Corporation (略称: Fuji Film)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀山 祐和 / Hirokazu Kameyama /
第6著者 所属(和/英) 富士フイルム株式会社 (略称: 富士フイルム)
Fuji Film Corporation (略称: Fuji Film)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-09-06 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-PRMU2011-70,IEICE-IBISML2011-29 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.193(PRMU), no.194(IBISML) 
ページ範囲 pp.111-117 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-PRMU-2011-08-29,IEICE-IBISML-2011-08-29 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会