電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-27 09:40
情報コンシェルジェ:Mind Probingに基づくマルチモーダルインタラクションシステム
平山高嗣名大)・角 康之公立はこだて未来大)・河原達也松山隆司京大
抄録 (和) 量的に爆発し,質的にも複雑さを増大する情報空間において,人は望みの情報に辿り着くことに苦難している.そこで,我々はユーザの状態に応じて息のあったタイミングで気の利いた情報を提供するマルチモーダルインタラクションシステム「情報コンシェルジェ」を開発している.本稿では,中核技術として導入した Mind Probing に基づくユーザの心的状態の推定手法について概説し,インタラクションフロー,システム構成およびフィールドトラ イアルについて報告する. 
(英) To fill the widened gap between the exploding information world and individual human knowledge, we have investigated a multi-modal interaction strategy called Mind Probing so that the system proactively acts on the user and then estimates his/her internal state by analyzing the reaction. We have also developed a system Info–concierge which can probe latent interest of the user and make him/her aware of it, and proactively provide sensible information. The system incorporates the core techniques of Mind Probing using speech and gaze recognition. In this paper, we present the interaction flow, the core techniques, and the field trial of Info-concierge.
キーワード (和) 視線追跡 / 発話認識 / 興味推定 / 推薦 / 気づき / プロアクティブインタラクション / /  
(英) Gaze tracking / Speech recognition / Interest estimation / Recommendation / Awareness / Proactive interaction / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 190, HCS2011-37, pp. 55-60, 2011年8月.
資料番号 HCS2011-37 
発行日 2011-08-19 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2011-08-26 - 2011-08-27 
開催地(和) 京都大学学術情報メディアセンター 
開催地(英)  
テーマ(和) 「コミュニケーションと気づき」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2011-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報コンシェルジェ:Mind Probingに基づくマルチモーダルインタラクションシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Info-concierge: Proactive Multi-modal Interaction System using Mind Probing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視線追跡 / Gaze tracking  
キーワード(2)(和/英) 発話認識 / Speech recognition  
キーワード(3)(和/英) 興味推定 / Interest estimation  
キーワード(4)(和/英) 推薦 / Recommendation  
キーワード(5)(和/英) 気づき / Awareness  
キーワード(6)(和/英) プロアクティブインタラクション / Proactive interaction  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 高嗣 / Takatsugu Hirayama / ヒラヤマ タカツグ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 角 康之 / Yasuyuki Sumi / スミ ヤスユキ
第2著者 所属(和/英) 公立はこだて未来大学 (略称: 公立はこだて未来大)
Future University Hakodate (略称: Future Univ. Hakodate)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 達也 / Tatsuya Kawahara / カワハラ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 隆司 / Takashi Matsuyama / マツヤマ タカシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-27 09:40:00 
発表時間 40 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2011-37 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.190 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2011-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会