お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-26 15:25
[特別講演]デザインプロジェクトALPS (Active Leaning Project Sequence) ~ 大学間国際連携による実課題解決型プロジェクト学習 ~
白坂成功春山真一郎前野隆司慶大SWIM2011-14
抄録 (和) 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科において実施しているActive Learning Project Sequence(ALPS)は,マサチューセッツ工科大学,スタンフォード大学およびデルフト工科大学と協力して教えるシステム開発手法を活用して,企業から持ち込まれた実課題に対するソリューションを学生が検討・提案するプロジェクト学習である.本発表ではこのALPSについて紹介する. 
(英) Active Learning Project Sequence(ALPS), which is conducted at Deaprtment of System Design and Management at KEIO University, is a project based learning where students propose a solution to company brought problem with system development methods which are taugh by Massachusetts Institute of Technology, Stanford University and Delft University of Technology.
キーワード (和) SDM / ALPS / プロジェクト学習 / 大学間国際連携 / / / /  
(英) SDM / ALPS / Project based learning / International collaboration of universities / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 189, SWIM2011-14, pp. 19-24, 2011年8月.
資料番号 SWIM2011-14 
発行日 2011-08-19 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2011-14

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2011-08-26 - 2011-08-26 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg 
テーマ(和) 提案型エンタプライズモデリング,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2011-08-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デザインプロジェクトALPS (Active Leaning Project Sequence) 
サブタイトル(和) 大学間国際連携による実課題解決型プロジェクト学習 
タイトル(英) Design Project ALPS (Active Leaning Project Sequence) 
サブタイトル(英) Project Based Learning to solve real problems through international collaboration of universities 
キーワード(1)(和/英) SDM / SDM  
キーワード(2)(和/英) ALPS / ALPS  
キーワード(3)(和/英) プロジェクト学習 / Project based learning  
キーワード(4)(和/英) 大学間国際連携 / International collaboration of universities  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 白坂 成功 / Seiko Shirasaka / シラサカ セイコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大学院 (略称: 慶大)
Keiou University (略称: keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 春山 真一郎 / Shinichiro Haruyama / ハルヤマ シンイチロ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大 (略称: 慶大)
Keiou University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前野 隆司 / Takashi Maeno /
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学大 (略称: 慶大)
Keiou University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-26 15:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2011-14 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.189 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SWIM-2011-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会