お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-25 16:15
[招待講演]ターボ原理に基づく繰り返し検出のEXIT解析 ~ An Instruction Manual of EXIT Chart ~
衣斐信介三瓶政一阪大SAT2011-28 RCS2011-123
抄録 (和) 本稿では,ターボ原理に基づく繰り返し検出の振る舞いの正当性を評価する EXIT(EXtrinsic Information Transfer)解析手法を紹介する.まず,EXIT 解析に要求される前提条件を明確にするために,対数尤度比(LLR: Log Likelihood Ratio)と相互情報量の関係を詳しく述べる.さらに,EXIT解析の手法を説明するため,簡易なターボ符号を提案した上で,解析例を示す.その解析例に基づき,EXIT 解析の有効性と問題点を言及する. 
(英) This paper introduces EXIT chart analysis which visualizes behavior of iterative detection based on the turbo principle. At the beginning, a relationship between log likelihood ratio (LLR) and mutual information, for the sake of revealing requirements involved in the EXIT chart analysis. Then, a simple turbo code structure is proposed, in order to provide better understanding about a methodology of the analysis. After demonstrating examples of the analysis, validity and problems are discussed.
キーワード (和) EXIT 解析 / ターボ符号 / 繰り返し復号 / 対数尤度比 / 相互情報量 / / /  
(英) EXIT analysis / turbo code / iterative decode / loglike lihood ratio / mutual information / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 180, RCS2011-123, pp. 67-72, 2011年8月.
資料番号 RCS2011-123 
発行日 2011-08-18 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2011-28 RCS2011-123

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2011-08-25 - 2011-08-26 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) 符号化技術特集セッション,移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Special session on coding techniques, Mobile Satellite Communications, Broadcasting, Error Correction, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ターボ原理に基づく繰り返し検出のEXIT解析 
サブタイトル(和) An Instruction Manual of EXIT Chart 
タイトル(英) An EXIT Analysis of Iterative Detection Based on the Turbo Principle 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) EXIT 解析 / EXIT analysis  
キーワード(2)(和/英) ターボ符号 / turbo code  
キーワード(3)(和/英) 繰り返し復号 / iterative decode  
キーワード(4)(和/英) 対数尤度比 / loglike lihood ratio  
キーワード(5)(和/英) 相互情報量 / mutual information  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 衣斐 信介 / Shinsuke Ibi / イビ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-25 16:15:00 
発表時間 40 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2011-28,IEICE-RCS2011-123 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.179(SAT), no.180(RCS) 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2011-08-18,IEICE-RCS-2011-08-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会