電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-10 14:00
言葉の明瞭度と楽器等の音色を保持したクロス合成法の検討
西 大輝西村竜一入野俊夫河原英紀和歌山大
抄録 (和) 音声と,楽器音や動物の鳴声などの2つの音源の特徴を混合して合成音を作るクロス合成VOCODERに,F0に適応したスペクトル包絡抽出法であるTANDEM-STRAIGHTを適用した.時変フィルタをFIRフィルタにより実装した検討では,STRAIGHTスペクトルを用いることにより,合成音の明瞭度が向上することが示された.しかし,同時に楽器等の音色の特徴が失われるという問題が明らかとなった.この問題を解決するため,音声の変位スペクトルと最小位相応答を用いた時変フィルタによる新たなクロス合成法を提案する.予備的な検討では,提案手法により,言葉の明瞭度を維持しながら,楽器音の特徴を保存できる可能性が示された. 
(英) TANDEM-STRAIGHT, an F0-adaptive spectral envelope extraction procedure was applied to cross synthesis VOCODER,
which synthesizes sounds by mixing features of two input sounds, such as speech and musical instruments or animal voices.
A set of tests with FIR implementation of time-varying filter illustrated potential improvements of intelligibility by using
STRAIGHT spectrum of speech sounds, but at the same time, introduced deterioration of instruments' characteristic timbre.
A new cross synthesis framework using deviation spectrum of speech sounds and minimum phase implementation of
time varying filter was proposed to solve this problem.
Preliminary tests suggested that the proposed method reduces this deterioration while preserving intelligibility.
キーワード (和) 楽器音 / 動物の鳴声 / クロス合成 / TANDEM-STRAIGHT / VOCODER / 明瞭度 / /  
(英) musical instruments / animal voice / cross synthesis / TANDEM-STRAIGHT / VOCODER / intelligibility / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 175, EA2011-64, pp. 87-92, 2011年8月.
資料番号 EA2011-64 
発行日 2011-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-08-09 - 2011-08-10 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理,聴覚,一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 言葉の明瞭度と楽器等の音色を保持したクロス合成法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross synthesis vocoder that preserves both speech intelligibility and instruments' timbre 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 楽器音 / musical instruments  
キーワード(2)(和/英) 動物の鳴声 / animal voice  
キーワード(3)(和/英) クロス合成 / cross synthesis  
キーワード(4)(和/英) TANDEM-STRAIGHT / TANDEM-STRAIGHT  
キーワード(5)(和/英) VOCODER / VOCODER  
キーワード(6)(和/英) 明瞭度 / intelligibility  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 大輝 / Taiki Nishi / ニシ タイキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 竜一 / Ryuichi Nisimura / ニシムラ リュウイチ
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 入野 俊夫 / Toshio Irino / イリノ トシオ
第3著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 英紀 / Hideki Kawahara / カワハラ ヒデキ
第4著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-10 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-64 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.87-92 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会