電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-10 15:45
空間的印象を保つ聴取範囲と再生スピーカー数の関係
澤谷郁子大出訓史安藤彰男濱崎公男NHK
抄録 (和) スーパーハイビジョン用の音響方式である22.2マルチチャンネル音響の空間的印象を,24個より少ないスピーカー数でも実現できる再生方式の検討を行っている.今までその評価はスピーカー配置の中心(本稿ではSweet Spot)で行ってきた.しかし,日常生活においては,Sweet Spot以外でもテレビを視聴することが想定される.従って,なるべく広い聴取範囲で24個のスピーカー再生による22.2マルチチャンネル音響の空間的印象が保たれていることが望ましい.そこで,本研究では,24個よりも少ないスピーカー数の再生方式による再生音場で,24個のスピーカー再生による22.2マルチチャンネル音響の空間的印象がどの程度の範囲で再現できているかを調べるため,スピーカー数・配置を条件として複数の聴取位置における主観評価実験を行った.その結果,再生スピーカー数と空間的印象を保つ聴取範囲の広さとの間に一定の関係があること,また同じスピーカー数でも配置によって空間的印象を保つ聴取範囲の形状が異なることが分かった. 
(英) The reproduction systems of 22.2 multichannel sound system for Super Hi-Vision with the reduced number of loudspeakers have been discussed. The subjective evaluation experiments for the systems had been performed only at the center of loudspeaker arrangements. Since television may be watched at the position other than the center in the home, wide listening area that keeps original spatial impression of 22.2 multichannel sound system is required. The subjective evaluation experiments were performed in order to examine the size of listening area maintaining spatial impression of 22.2 multichannel sound with the various number and location of loudspeakers. As a result, it was found that the listening area broadened with increasing the number of loudspeakers. It was also pointed out that the listening area broadened by optimizing the locations of loudspeakers when the number of loudspeakers was fixed.
キーワード (和) マルチチャンネル音響 / 聴取範囲 / ダウンミックス / 信号変換方式 / 空間印象 / 主観評価実験 / /  
(英) Multichannel Sound System / Listening Area / Downmixing / Conversion Method of Multichannel Sound Signal / Spatial Impression / Subjective Evaluation Experiment / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 175, EA2011-67, pp. 105-110, 2011年8月.
資料番号 EA2011-67 
発行日 2011-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-08-09 - 2011-08-10 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理,聴覚,一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 空間的印象を保つ聴取範囲と再生スピーカー数の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relation between Number of Loudspeakers and Listening Area Keeping Spatial Impression 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチチャンネル音響 / Multichannel Sound System  
キーワード(2)(和/英) 聴取範囲 / Listening Area  
キーワード(3)(和/英) ダウンミックス / Downmixing  
キーワード(4)(和/英) 信号変換方式 / Conversion Method of Multichannel Sound Signal  
キーワード(5)(和/英) 空間印象 / Spatial Impression  
キーワード(6)(和/英) 主観評価実験 / Subjective Evaluation Experiment  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤谷 郁子 / Ikuko Sawaya / サワヤ イクコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大出 訓史 / Satoshi Oode / オオデ サトシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 彰男 / Akio Ando / アンドウ アキオ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 濱崎 公男 / Kimio Hamasaki / ハマサキ キミオ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-10 15:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-67 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会