電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-09 16:30
周波数領域両耳聴モデルに基づく補聴システムにおける前後誤判断の抑制手法
佐保貴哉苣木禎史宇佐川 毅熊本大
抄録 (和) カクテルパーティ効果としても知られている聴覚の持つ音源方向推定および分離機能をモデル化した周波数領域両耳聴モデルを小型情報端末に実装した両耳補聴システムが提案されている。しかしながら,前後誤判断が生じることが問題となっている。一方で,前後誤判断を解決する手法として,矢状面座標系においてニューラルネットワークを利用した全方向の音源方向推定手法が提案されている。この手法では,ニューラルネットワークを用いて前後左右の4つの領域に音源方向を推定し,領域した分割におけるニューラルネットワークを用いて矢状面座標系での方向推定を行う。シミュレーション結果より,平均誤差2 \%未満で全方向の推定を行うことが可能であることが示された。本報告では,4分割処理のみを領域分割前処理として利用することによって従来の周波数領域両耳聴モデルに基づく補聴システムの前後誤判断を抑制する手法を提案する。また,演算量削減の方法についても合わせて報告する。 
(英) A binaural hearing assistance system using the frequency domain binaural model on horizontal coordinate has been proposed and it is implemented on a portable device with directional selectivity. However, this system has a front-back confusion. In order to solve this confusion, an estimation method of source direction on sagittal coordinate has proposed using artificial neural network(ANN). Using binaural signals, this method estimates the direction of source in quadrant of horizontal plane as the first step, then estimates it in whole sagittal coordinate.The results of simulation show that the average ratio of front-back confusion is less than 2 \%. In this report, a new estimation method of sound source direction is proposed as a combination of a quadratic estimation method on
sagittal coordinate using ANN and the frequency domain binaural model. Also in order to realize a hearing assistance system on a portable device, a reduction method of computation load is also discussed.
キーワード (和) 両耳聴モデル / 両耳補聴システム / コーン状の混同 / 前後誤判断 / ニューラルネットワーク / / /  
(英) Frequency domain binaural model / binaural hearing assistant system / front-back confusion / sagittal coordinate / artificial neural network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 175, EA2011-56, pp. 37-42, 2011年8月.
資料番号 EA2011-56 
発行日 2011-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-08-09 - 2011-08-10 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理,聴覚,一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域両耳聴モデルに基づく補聴システムにおける前後誤判断の抑制手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A control method of front back confusion for a hearing assistance system based on frequency domain binaural model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 両耳聴モデル / Frequency domain binaural model  
キーワード(2)(和/英) 両耳補聴システム / binaural hearing assistant system  
キーワード(3)(和/英) コーン状の混同 / front-back confusion  
キーワード(4)(和/英) 前後誤判断 / sagittal coordinate  
キーワード(5)(和/英) ニューラルネットワーク / artificial neural network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐保 貴哉 / Atsuya Saho / サホ アツヤ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
KUmamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yoshifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
KUmamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐川 毅 / Tsuyoshi Usagawa / ウサガワ ツヨシ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
KUmamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-09 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-56 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会