電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-08-09 15:15
密閉型スピーカシステムのパラメータ推定法
岩居健太梶川嘉延関西大
抄録 (和) 動電型スピーカシステムの非線形歪み補正法として、動電型スピーカシステムの歪み要因を直接反映させ
た非線形2 次IIR フィルタがある.非線形2 次IIR フィルタは動電型スピーカシステムのパラメータを直接使用する
ため,フィルタ設計時にスピーカシステムの非線形パラメータを求める必要がある.従来は振動板変位特性からスピー
カシステムの非線形性を推定し,パラメータを求めていた.しかし,従来の推定法では動電型スピーカシステムの非
線形微分方程式を数値計算により解く必要があり、式が複雑化することで実行が困難となる.本稿では微分方程式の
数値計算を必要としないVolterra 核を利用したパラメータ推定法を提案し,その有効性を示す. 
(英) In this paper, we propose a parameter estimation method for a closed-box loudspeaker system using
Volterra kernels. A nonlinear IIR filter is one of the methods of reducing the nonlinear distortion of the loudspeaker
system. Since the nonlinear IIR filter needs linear and nonlinear parameters of loudspeaker system, any parameter
estimation method is required. The conventional parameter estimation method uses the displacement characteristic
of the diaphragm of the loudspeaker system and requires the solution of the nonlinear differential equation. However,
if the nonlinear differential equation becomes complex (e.g. adding nonlinearity of inductance), it is difficult to solve
the nonlinear differential equation. Hence, a new parameter estimation method that does not use the displacement
characteristic of the diaphragm of the loudspeaker system is required. In this paper, we propose a novel parameter
estimation method that uses the Volterra kernels of the loudspeaker system.
キーワード (和) パラメータ推定法 / 非線形2 次IIR フィルタ / 非線形歪み / スピーカシステム / Volterra フィルタ / / /  
(英) Estimation method of loudspeaker’s parameters / Second-Order Nonlinear IIR filter / Nonlinear distortion / Loudspeaker system / Volterra filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 175, EA2011-54, pp. 25-30, 2011年8月.
資料番号 EA2011-54 
発行日 2011-08-02 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-08-09 - 2011-08-10 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC, Tohoku Univ. 
テーマ(和) 音響信号処理,聴覚,一般 
テーマ(英) Acoustic Signal Processing, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-08-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 密閉型スピーカシステムのパラメータ推定法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parameter Estimation Method for Closed-box Loudspeaker system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パラメータ推定法 / Estimation method of loudspeaker’s parameters  
キーワード(2)(和/英) 非線形2 次IIR フィルタ / Second-Order Nonlinear IIR filter  
キーワード(3)(和/英) 非線形歪み / Nonlinear distortion  
キーワード(4)(和/英) スピーカシステム / Loudspeaker system  
キーワード(5)(和/英) Volterra フィルタ / Volterra filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩居 健太 / Kenta Iwai / イワイ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶川 嘉延 / Yoshinobu Kajikawa / カジカワ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-08-09 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-54 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-08-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会