お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-29 09:50
洋上の最適経路とPACOTSとの比較
住谷美登里福島幸子福田 豊電子航法研SANE2011-47
抄録 (和) 洋上航空路は航空機の効率的な運航の観点から「日」単位で都市間ごとに気象条件を考慮した最適な可変経路であるPACOTS(Pacific Organized Track System:太平洋編成経路システム)が運用されている。さらなる運航効率改善のため運航者が飛行毎に最新の気象状況をもとに最適な経路を設定する利用者設定経路(UPR:User Preferred Route)の導入が北太平洋空域の交通量の多い地域でも検討されている。本稿では北米から日本へ向かう西行きのPACOTS経路とUPRの経路傾向を調査するとともにPACOTSとUPRを飛行した際の消費燃料について比較し報告する。その結果4月は、西行きPACOTSもUPRも固定経路である北太平洋(NOPAC:North Pacific)ルートを飛行することが多い。8月は、西行きUPRが南側に設定されることがある。この場合PACOTSと経路が異なり消費燃料の削減ができた 
(英) The Pacific Organized Track System (PACOTS) establishes flexible routes each day based on the weather forecast. A User Preferred Route (UPR) is the optimum route for each flight. UPRs have been introduced into low traffic airspace over the Pacific Ocean.
This paper describes the characteristics of westbound UPRs and PACOTS routes. We compared the positional characteristics of UPRs with PACOTS routes, and their fuel consumption. As a result, we found that PACOTS routes and UPRs often coincided with the fixed North Pacific (NOPAC) routes in April, while westbound UPRs were sometimes situated further south than NOPAC routes in August. UPRs were sometimes different to PACOTS routes and could give lower fuel consumption.
キーワード (和) 洋上航空路 / 太平洋編成経路システム / 利用者設定経路 / / / / /  
(英) Oceanic routes / PACOTS(Pacific Organized Track System) / UPR(User Preferred Route) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 166, SANE2011-47, pp. 13-18, 2011年7月.
資料番号 SANE2011-47 
発行日 2011-07-22 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-47

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-07-29 - 2011-07-29 
開催地(和) 電子航法研究所 
開催地(英) Electronic Navigation Research Institute 
テーマ(和) 航法・交通管制及び一般 
テーマ(英) Navigation, traffic control, and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-07-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 洋上の最適経路とPACOTSとの比較 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Comparison of Optimum Routes with PACOTS in Pacific Ocean 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 洋上航空路 / Oceanic routes  
キーワード(2)(和/英) 太平洋編成経路システム / PACOTS(Pacific Organized Track System)  
キーワード(3)(和/英) 利用者設定経路 / UPR(User Preferred Route)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 住谷 美登里 / Midori Sumiya / スミヤ ミドリ
第1著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 幸子 / Sachiko Fukushima / フクシマ サチコ
第2著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 豊 / Yutaka Fukuda / フクダ ユタカ
第3著者 所属(和/英) 電子航法研究所 (略称: 電子航法研)
Electronic Navigation Research Institute (略称: ENRI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-29 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2011-47 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.166 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2011-07-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会