電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-26 09:55
視覚刺激によるアルファ波位相変調の検出
成瀬 康NICT)・瀧山 健東大)・岡田真人東大/理研)・梅原広明NICT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,脳波よって計測される周期的自発活動は,認知状態に応じて脳の部位間での同期性が変わることが数多く報告され,注目を集めている.これは,内的な要因もしくは外的な要因により周期的自発活動の位相が変調されることにより起こる現象である.これまでは,脳波のS/N比が悪いことから何らかの意味で試行間において加算平均を行い,これらの位相変調を抽出していた.このように加算平均を行うと言うことでは,試行間で同期している活動しか抽出出来ない.しかし,必ずしも位相変調が試行間で同期している訳では無いため,試行間で同期していない多くの位相変調を見落としていたことになる.そこで,本研究では,統計的手法を用いることで,単一試行からこのような位相変調を抽出出来る手法を考案した.本手法は,周期的自発活動の振幅及び位相をマルコフ確率場でモデル化し,そこに急激な変化に対応するためにラインプロセスを考慮したものである.本手法を実際の脳波計測データに適用することにより,フラッシュ刺激によるα波の位相変調の抽出を単一試行から抽出することに成功し,視覚刺激によりα波の位相変調が起こっていることを示した. 
(英) Ongoing oscillations in electroencephalogram (EEG) and magnetoencephalogram (MEG) have recently gained attention, since they are synchronized among cortical areas. This phenomenon is caused by phase modulations of the ongoing oscillations. In order to detect phase modulations, we averaged many trials since the signal to noise ratio of EEG and MEG was low. Thus, we have detected only the phase modulations that are synchronized between trials. However, all of the phase modulations are not synchronized between trials, and therefore, we have missed many of the modulations that are not synchronized between trials. In this study, we developed a novel method for detecting phase modulations of the ongoing oscillations in a single trial. We modeled the phase and amplitude of an ongoing oscillation as Markov random field models based on our previous study. Our method used the line process to detect modulations of the phase and amplitude of an ongoing oscillation. By using our method, we detected phase modulations of the alpha rhythm in flash EEG data after the flash stimulus onset. This result suggests that our method is useful to detect phase modulations of ongoing oscillations.
キーワード (和) マルコフ確率場モデル / ラインプロセス / 脳波 / α波 / 位相変調 / / /  
(英) Markov random field model / Line process / Electroencephalography / Alpha rhythm / Phase modulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 157, NC2011-33, pp. 71-74, 2011年7月.
資料番号 NC2011-33 
発行日 2011-07-18 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC  
開催期間 2011-07-25 - 2011-07-26 
開催地(和) 神戸大学大学院工学研究科 
開催地(英) Graduate School of Engineering, Kobe University 
テーマ(和) 知的システム、一般 
テーマ(英) Intelligent systems and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-07-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚刺激によるアルファ波位相変調の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of alpha phase modulation caused by visual input 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルコフ確率場モデル / Markov random field model  
キーワード(2)(和/英) ラインプロセス / Line process  
キーワード(3)(和/英) 脳波 / Electroencephalography  
キーワード(4)(和/英) α波 / Alpha rhythm  
キーワード(5)(和/英) 位相変調 / Phase modulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 康 / Yasushi Naruse / ナルセ ヤスシ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀧山 健 / Ken Takiyama / タキヤマ ケン
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 真人 / Masato Okada / オカダ マサト
第3著者 所属(和/英) 東京大学/理化学研究所 (略称: 東大/理研)
The University of Tokyo/ RIKEN (略称: Tokyo Univ./RIKEN)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 広明 / Hiroaki Umehara / ウメハラ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-26 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-33 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.157 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NC-2011-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会