電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-22 14:55
チャネル行列の条件数を用いた低演算量アンテナサブセット選択法の提案
光山和彦NHK/慶大)・池田哲臣NHK)・大槻知明慶大RCS2011-109
抄録 (和) 広い範囲で途切れずに高画質な映像を伝送できるMIMOシステムの研究を行っている.筆者らは,移動中継車から送信された電波を互いに離れた複数の基地局で受信し,適切な信号を選択した後合成するマクロダイバーシチ受信装置の試作を行っている.ハードウェア実装では,少ない演算量で準最適なアンテナサブセットを選択できる実用的な方法の検討が不可欠である.
本稿では,評価基準としてチャネル行列の条件数を用い,組合せ探索として最大受信CNR(Carrier-to-Noise Ratio)をもつアンテナを軸に,チャネル行列の条件数が小さいアンテナを順次選択する方法を提案する.計算機シミュレーションにより,提案方法のビット誤り率特性は全探索による選択方法より若干劣化するが,受信CNRを基準とした選択方法より大きく改善されることを確認した. 
(英) We have been studying a MIMO system that can transmit high-quality videos across wide area without outage. We have been trying to make a prototype macrodiversity receiver that can select proper diversity branches and combine the signals transmitted from a mobile broadcasting van and received on base stations deployed in the distance each other.
The low-complexity and practical antenna selection method is needed for hardware implementation. This report describes an antenna selection method which exploits the condition number of the channel matrix as a valuation basis, and a simple search algorithm which selects antennas that the condition number between each of them and the antenna with maximum received carrier-to-noise ratio (CNR) becomes smaller.
As a result of computer simulation, the bit error rate performance of the proposed method was confirmed to be improved largely compared to the one of CNR-based antenna selection method, although the small performance degradation was shown compared to the full search method.
キーワード (和) マクロダイバーシチ / アンテナ選択 / 条件数 / MIMO / MMSE / / /  
(英) macrodiversity / antenna selection / condition number / MIMO / MMSE / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 145, RCS2011-109, pp. 205-210, 2011年7月.
資料番号 RCS2011-109 
発行日 2011-07-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-109

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2011-07-21 - 2011-07-22 
開催地(和) 旭川市民文化会館 
開催地(英) Asahikawa Civic Culture Hall 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Relay, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) チャネル行列の条件数を用いた低演算量アンテナサブセット選択法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Low complexity antenna subset selection method using condition number of channel matrix 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マクロダイバーシチ / macrodiversity  
キーワード(2)(和/英) アンテナ選択 / antenna selection  
キーワード(3)(和/英) 条件数 / condition number  
キーワード(4)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(5)(和/英) MMSE / MMSE  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光山 和彦 / Kazuhiko Mitsuyama / ミツヤマ カズヒコ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会/慶応義塾大学 (略称: NHK/慶大)
Japan Broadcasting Corporation/Keio University (略称: NHK/Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大槻 知明 / Tomoaki Ohtsuki / オオツキ トモアキ
第3著者 所属(和/英) 慶応義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-22 14:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-109 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.145 
ページ範囲 pp.205-210 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会