電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-21 15:15
複数無線LANの合計スループットを最大化するための受信機会制御によるアクセスポイント選択方式
山下 豊渡部公介小室信喜阪田史郎塩田茂雄千葉大)・村瀬 勉NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 複数の無線LANの利用が可能な環境において,新規参入端末が自身のスループットを最大化するアクセスポイント(AP)を選択した場合,その他のAPに接続した場合と比べ,全端末の合計スループットが最大でない場合がある.
この問題を解決するために,確率的にACKフレームを返信しない受信機会制御を用いたAP選択方式を提案する.
本方式では,新規参入端末及び各APによるスループット測定時に,全端末の合計スループットが最大でない選択結果となる場合,APが新規参入端末または自身の全既接続端末に受信機会制御を適用する.
新規参入端末の測定スループット値は,前者に適用した場合は減少し,後者に適用した場合は増加する.
その結果,新規参入端末は,前者の場合他のAPへ,後者の場合当該APへ,すなわちいずれの場合も全端末の合計スループットが最大になる接続へと導びかれる.
この合計スループットを最大にする提案方式と,新規参入端末の得られるスループットを最大にするAP選択方式を
シミュレーションにより評価し,比較することで提案方式の有効性を示した. 
(英) In this paper,AP selection scheme using Reciving Opportunities Control(ROC) is proposed.
In the proposed scheme,the AP does not intentionally return ACK a terminal which caused the degradation of total throughput of APs when the total throughput is not high.
Then the terminal tries to connect the other APs.
As aresult,the total throughput increases.
Simulation results show that the total APs'throughput of the proposed scheme is that of the conventional scheme.
キーワード (和) AP 選択 / スループット / / / / / /  
(英) AP selection / Throughput / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 144, NS2011-52, pp. 13-18, 2011年7月.
資料番号 NS2011-52 
発行日 2011-07-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS NS  
開催期間 2011-07-21 - 2011-07-22 
開催地(和) 旭川市民文化会館 
開催地(英) Asahikawa Civic Culture Hall 
テーマ(和) 有線/無線シームレスネットワーク, ハンドオーバ,リレー,分散MIMO, モバイル・アドホックネットワーク, 一般 
テーマ(英) Fixed/Wireless Network, Hand Over, Relay, Distributed MIMO, Mobile Ad-hoc Network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-07-RCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数無線LANの合計スループットを最大化するための受信機会制御によるアクセスポイント選択方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Access Point Selection Scheme to Maximize Throughput of Multi-Wireless LANs Using Receving-Opportunities Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) AP 選択 / AP selection  
キーワード(2)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 豊 / Yutaka Yamashita / ヤマシタ ユタカ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡部 公介 / Kosuke Watanabe /
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 信喜 / Nobuyoshi Komuro / コムロ ノブヨシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪田 史郎 / Shiro Sakata / サカタ シロウ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩田 茂雄 / Shigeo Shioda / シオダ シゲオ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase /
第6著者 所属(和/英) NECシステムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
NEC System Platforms Research Labotatories (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-21 15:15:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-52 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.144 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-07-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会