電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-15 15:15
教師音として抽出対象信号情報を用いた非負値行列因子分解による目的楽器音信号の抽出
八木浩介猿渡 洋鹿野清宏奈良先端大)・近藤多伸高橋 祐ヤマハEA2011-46
抄録 (和) 本稿では,事前に教師情報を与えた非負値行列因子分解を用いて,複数の楽器音から構成される楽曲から目的楽器音の抽出を行う.一般に,各楽器音には調波構造と呼ばれる各楽器音固有の周波数特徴があることより,これを教師情報とすることで観測信号から目的楽器音を抽出する.さらに本稿では,抽出対象信号基底と非抽出対象信号基底が互いに無相関となるような制約を与えた非負値行列因子分解のアルゴリズムを新たに提案する.教師情報を与えた非負値行列因子分解と,さらに拘束条件を付与した非負値行列因子分解を用いて実験を行った結果,拘束条件を付与した非負値行列因子分解の方が高い抽出精度を示し,さらに適切な教師情報を与えることにより目的信号を抽出できることが明らかになった. 
(英) In this paper, we address a separation of multiple instrumental sources based on supervised nonnegative matrix factorization (NMF) with a priori information. Since each of instrumental signals have their own frequency characteristics so called harmonic structures, we can extract the specific target instrumental signal by using these features as supervision information. Also in this paper, we propose a new NMF algorithm that includes a constraint on decorrelation between the target signal basis and other signals’ bases. From the experiment using the supervised NMF and constrained supervised NMF, we reveal that the latter algorithm provides a better separation accuracy given appropriate a priori information.
キーワード (和) 非負値行列因子分解 / 音楽信号処理 / モノラル音源分離 / 調波構造 / / / /  
(英) nonnegative matrix factorization / music signal processing / monaural source separation / harmonic structure / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 136, EA2011-46, pp. 21-26, 2011年7月.
資料番号 EA2011-46 
発行日 2011-07-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-46

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-07-15 - 2011-07-15 
開催地(和) キャンパスポート大阪 
開催地(英) Campus Port Osaka 
テーマ(和) 音場計測・解析,アクティブ・コントロール,一般 
テーマ(英) Sound Field Measurement and Analysis, Active Control, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-07-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 教師音として抽出対象信号情報を用いた非負値行列因子分解による目的楽器音信号の抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Instrumental signal separation based on non-negative matrix factorization with target signal information 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非負値行列因子分解 / nonnegative matrix factorization  
キーワード(2)(和/英) 音楽信号処理 / music signal processing  
キーワード(3)(和/英) モノラル音源分離 / monaural source separation  
キーワード(4)(和/英) 調波構造 / harmonic structure  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 浩介 / Kosuke Yagi / ヤギ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 猿渡 洋 / Hiroshi Saruwatari / サルワタリ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿野 清宏 / Kiyohiro Shikano / シカノ キヨヒロ
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 多伸 / Kazunobu Kondo / コンドウ カズノブ
第4著者 所属(和/英) ヤマハ株式会社研究開発センター (略称: ヤマハ)
YAMAHA Corporate Research & Development Center (略称: YAMAHA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 祐 / Yu Takahashi / タカハシ ユウ
第5著者 所属(和/英) ヤマハ株式会社研究開発センター (略称: ヤマハ)
YAMAHA Corporate Research & Development Center (略称: YAMAHA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-15 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-46 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.136 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会