電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-15 17:00
境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システムとその逆フィルタ設計時の正則化パラメータ決定方法
李 容子京大)・伊勢史郎京大/JSTEA2011-49
抄録 (和) 近年, 三次元の音場を保存・伝送するための技術である立体音響再生に関する研究がさかんに行われている. 三次元音場再現の手法としては, 受聴者の耳もとの音圧信号を制御する方法と受聴者の頭部の周囲に波面をつくり出し空間内の領域全体を制御する方法があげられる. 我々は, 任意の三次元原音場の領域内全体の音場を収録し再現室内の再現領域内に提示する境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システム(BoSC システム) を提案してきた. BoSC システムにおいては, 原音場と再生音場で境界面上の音響物理量が等しくなるように逆フィルタを設計できるかどうかが重要なポイントとなる. これまで実現してきたBoSC システムは逆フィルタを設計する際に正則化法を用いているが, 正則化パラメータを合理的に決定する方法は提案されていない. 本稿では, 境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システムの逆フィルタ設計時の正則化パラメータを決定する方法を提案し, その定量的な評価を行う. 
(英) Stereophonic sound reproduction technologies for recording and communicating three-dimensional sound field are enthusiastically studied in recent years. The Methods for three-dimensional sound field reproduction can be classified into two types: one is the method in which we control the sound pressure signals about the listener's ears, and another is that in which we control the entire area around the listener's head by making wave surface of sound. We proposed the three-dimensional sound field reproduction system based on the boundary surface control principle (BoSC system), which can record any three-dimensional original sound field and reproduce it in the sound reproduction room. In the BoSC system, design of the inverse filter to cancel the crosstalk from each speaker to each microphone and reverberation in the sound reproduction room is a material factor. However regularization method is used on designing the inverse filter for BoSC system, how to decide the optimum value of regularization parameter on designing the inverse filters for a reverberant room had not been proposed. In this paper, we report the three-dimensional sound reproduction system based on the boundary surface control principle and how to decide the regularization parameter on designing of the inverse filter.
キーワード (和) 三次元音場再現 / 境界音場制御の原理 / BoSC システム / 正則化パラメータ / 遺伝的アルゴリズム / / /  
(英) Three-dimensional sound field reproduction / Boundary surface control principle / BoSC system / Regularization parameter / Genetic algorithm / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 136, EA2011-49, pp. 39-44, 2011年7月.
資料番号 EA2011-49 
発行日 2011-07-08 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-49

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-07-15 - 2011-07-15 
開催地(和) キャンパスポート大阪 
開催地(英) Campus Port Osaka 
テーマ(和) 音場計測・解析,アクティブ・コントロール,一般 
テーマ(英) Sound Field Measurement and Analysis, Active Control, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-07-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 境界音場制御の原理に基づく三次元音場再現システムとその逆フィルタ設計時の正則化パラメータ決定方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The three-dimensional sound field reproduction system based on the boundary surface control principle and the determination of the regularization parameter on designing of the inverse filter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 三次元音場再現 / Three-dimensional sound field reproduction  
キーワード(2)(和/英) 境界音場制御の原理 / Boundary surface control principle  
キーワード(3)(和/英) BoSC システム / BoSC system  
キーワード(4)(和/英) 正則化パラメータ / Regularization parameter  
キーワード(5)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic algorithm  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 容子 / Yoko Lee / リ ヨウコ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊勢 史郎 / Shiro ISE / イセ シロウ
第2著者 所属(和/英) 京都大学/CREST (略称: 京大/JST)
Kyoto University /CREST (略称: Kyoto Univ./CREST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-15 17:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-49 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.136 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会