お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-15 09:45
ファジィ理論を用いたOne-phase Pull Diffusionの改善
策力木格大坐畠 智加藤聰彦電通大AN2011-8
抄録 (和) In this paper, we consider a wireless sensor network (WSN) for a clinical purpose. Due to the fading feature of wireless channel and limited battery power of sensor devices, providing an efficient and reliable communication is very challenging. We present FUZZ-OPP (FUZZy One-Phase Pull), a fuzzy logic based one-phase pull protocol. The protocol employs a fuzzy logic to jointly consider signal strength, inter-node distance and residual energy in the route selection. Since the parameters and the rules used in the fuzzy logic are all reconfigurable, the protocol can be used in any scenario by simple parameter tuning. We use computer simulations to evaluate the performance of the protocol. 
(英) In this paper, we consider a wireless sensor network (WSN) for a clinical purpose. Due to the fading feature of wireless channel and limited battery power of sensor devices, providing an efficient and reliable communication is very challenging. We present FUZZ-OPP (FUZZy One-Phase Pull), a fuzzy logic based one-phase pull protocol. The protocol employs a fuzzy logic to jointly consider signal strength, inter-node distance and residual energy in the route selection. Since the parameters and the rules used in the fuzzy logic are all reconfigurable, the protocol can be used in any scenario by simple parameter tuning. We use computer simulations to evaluate the performance of the protocol.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / one-phase pull diffusion / ファジィ理論 / フェージング / / / /  
(英) Wireless sensor networks / one-phase pull diffusion / fuzzy logic / fading / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 139, AN2011-8, pp. 1-6, 2011年7月.
資料番号 AN2011-8 
発行日 2011-07-08 (AN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AN2011-8

研究会情報
研究会 AN  
開催期間 2011-07-15 - 2011-07-15 
開催地(和) 京都大学 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AN 
会議コード 2011-07-AN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ファジィ理論を用いたOne-phase Pull Diffusionの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of One-phase Pull Diffusion Using Fuzzy Logic 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless sensor networks  
キーワード(2)(和/英) one-phase pull diffusion / one-phase pull diffusion  
キーワード(3)(和/英) ファジィ理論 / fuzzy logic  
キーワード(4)(和/英) フェージング / fading  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 策力 木格 / Celimuge Wu / チリ ムゲ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 聰彦 / Toshihiko Kato / カトウ トシヒコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: Univ. of Electro-Comm.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-15 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AN 
資料番号 IEICE-AN2011-8 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.139 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AN-2011-07-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会