お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-14 13:20
SCTP Optimum Path Selection using Ant Colony Optimization Approach and Heartbeat Chunks
Muhammad Ariff Bin BaharudinEiji KamiokaShibaura Inst. of Tech.MoMuC2011-13
抄録 (和) This paper proposes an optimum path selection approach by using the Ant Colony Optimization (ACO) technique and HEARTBEAT chunks in SCTP. The current trend of communication technology is moving towards high mobility with high quality services, especially in real time applications such as VoIP and video calls. In order to maintain the continuity and the quality of these services, an appropriate handover scheme is needed. One of the best options in achieving this target is by executing handover on the transport layer by using SCTP. Its multi-homing feature enables the system to create redundant connections from the mobile host towards the corresponding node, creating multiple paths which can be selected. Several parameters, end to end delay and signal strength in particular, can be used as criteria to choose the optimal path. However, having the best signal strength does not mean that the path is optimal. Thus, integrating both parameters using the probabilistic equation from the ACO, the optimum path can be determined. In addition, a strategy to manage the HEARTBEAT chunks is introduced to help in updating the status of the current existing path in the created SCTP association. 
(英) This paper proposes an optimum path selection approach by using the Ant Colony Optimization (ACO) technique and HEARTBEAT chunks in SCTP. The current trend of communication technology is moving towards high mobility with high quality services, especially in real time applications such as VoIP and video calls. In order to maintain the continuity and the quality of these services, an appropriate handover scheme is needed. One of the best options in achieving this target is by executing handover on the transport layer by using SCTP. Its multi-homing feature enables the system to create redundant connections from the mobile host towards the corresponding node, creating multiple paths which can be selected. Several parameters, end to end delay and signal strength in particular, can be used as criteria to choose the optimal path. However, having the best signal strength does not mean that the path is optimal. Thus, integrating both parameters using the probabilistic equation from the ACO, the optimum path can be determined. In addition, a strategy to manage the HEARTBEAT chunks is introduced to help in updating the status of the current existing path in the created SCTP association.
キーワード (和) SCTP / ACO / HEARTBEAT / Optimal Path Selection / Handover / / /  
(英) SCTP / ACO / HEARTBEAT / Optimal Path Selection / Handover / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, 2011年7月.
資料番号  
発行日 2011-07-07 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MoMuC2011-13

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-AVM  
開催期間 2011-07-14 - 2011-07-15 
開催地(和) 奈良先端科学技術大学院大学 
開催地(英) Nara Institute of Science and Technology 
テーマ(和) 無線PAN,IPTV,画像符号化,ストリーム技術および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2011-07-MoMuC-AVM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) SCTP Optimum Path Selection using Ant Colony Optimization Approach and Heartbeat Chunks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SCTP / SCTP  
キーワード(2)(和/英) ACO / ACO  
キーワード(3)(和/英) HEARTBEAT / HEARTBEAT  
キーワード(4)(和/英) Optimal Path Selection / Optimal Path Selection  
キーワード(5)(和/英) Handover / Handover  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Muhammad Ariff Bin Baharudin / Muhammad Ariff Bin Baharudin /
第1著者 所属(和/英) Shibaura Institute of Technology (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Eiji Kamioka / Eiji Kamioka /
第2著者 所属(和/英) Shibaura Institute of Technology (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: Shibaura Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-14 13:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2011-13 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.133 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2011-07-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会