お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-12 16:15
[招待講演]超100Gbit/sに向けた光OFDM伝送技術
高橋英憲ペン ウェイレン森田逸郎田中英明KDDI研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光ネットワークにおいて継続的に増加するトラフィックに対応するためには,超高速大容量伝送が可能な伝送方式が必要不可欠である.光直交周波数分割多重(OFDM)伝送方式は,超高速大容量伝送に向けて注目されている光変調方式の1つであり,分散補償の容易さや,その矩形上のスペクトル及び高次変調の適用による高周波数利用効率化の点で注目されてきた.その一方で,次世代の波長多重(WDM)1チャネル当たりの伝送速度として超100Gbit/sに向けた取り組みが近年進められており,その手法の一つとしてマルチバンド光OFDM変調方式を用いた高速化がある.本発表では,1波長あたり100Gbit/sを超える伝送速度を有する光OFDM伝送方式の研究動向について紹介し,その一例として,周波数利用効率8bit/s/Hzの3x458 Gbit/s波長多重マルチバンド光OFDM信号を標準SMF伝送路において80km伝送した実験結果について説明する. 
(英) In order to satisfy the demand for a further increase of data traffic in optical networks, the use of spectrally efficient modulation formats with high data rate per wavelength division multiplexing (WDM) channel are indispensable. Optical OFDM is one of promising technologies to increase a spectral efficiency. First of all, it has a small linear crosstalk between WDM channels because of its well defined spectral shape. In addition, OFDM is easily scalable to higher level modulation formats. Multi-band OFDM modulation scheme has been proposed as one of technologies to increase a channel bit-rate. In this paper, the trend of OFDM transmission with over 100 Gbit/s is reviewed and an example of transmission experiment with 3 x 458 Gbit/s at 8 bit/s/Hz SE utilizing multi-band OFDM modulation scheme are explained.
キーワード (和) 光OFDM / マルチバンド / 周波数利用効率 / 高速伝送 / / / /  
(英) Optical OFDM / Multi-band / Spectral efficiency / high-speed transmission / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 122, OCS2011-44, pp. 99-104, 2011年7月.
資料番号 OCS2011-44 
発行日 2011-07-04 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2011-07-11 - 2011-07-12 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題, 分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超100Gbit/sに向けた光OFDM伝送技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optical OFDM transmission technologies for beyond 100 Gbit/s 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光OFDM / Optical OFDM  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド / Multi-band  
キーワード(3)(和/英) 周波数利用効率 / Spectral efficiency  
キーワード(4)(和/英) 高速伝送 / high-speed transmission  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 英憲 / Hidenori Takahashi / タカハシ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ペン ウェイレン / Wei-Ren Peng / ペン ウェイレン
第2著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 逸郎 / Itsuro Morita / モリタ イツロウ
第3著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 英明 / Hideaki Tanaka / タナカ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) (株)KDDI研究所 (略称: KDDI研)
KDDI R&D Laboratories Inc. (略称: KDDI Labs)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-12 16:15:00 
発表時間 40 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-44 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.99-104 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会