電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-12 13:25
[チュートリアル招待講演]無線通信におけるディジタル変復調技術
三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信システムでは,送信電力効率の高効率化,無線周波数帯域の有効利用,変動速度の速い伝搬路特性に起因するひずみの補償などの技術開発により,現在では,ブロードバンドサービスをも提供することが可能となっている.具体的には,周波数選択性フェージングの影響を補償する適応等化技術,伝搬路状況に合わせて伝送系を制御する適応変調技術や送信電力制御技術,シャノン限界を目指し,できるだけ低い所要送信電力で規定の伝送速度を達成するための符号化技術や符号化変調技術などが開発され,さらに,最近では,本来障害として扱われてきたフェージング現象を活用したMIMO(Multiple Input Multiple Output)空間多重伝送技術なども開発されている.本稿では,特に,今後の光通信技術の大容量化の参考となることを目的として,無線通信システム開発におけるこれらの技術開発の概要を紹介するものである. 
(英) This tutorial explains key technologies for broadband wireless communication systems, such as adaptive equalizer to compensate for frequency selective fading, adaptive modulation and transmit power control techniques to adaptively control transmission rate while keeping a required transmission quality, channel coding or coded modulation schemes that target to achieve near-Shannon capacity, and spatial signal multiplexing techniques using MIMO transmissions, thereby achieving higher power efficiency and spectral efficiency in wireless broadband transmissions. Especially, the outline of such engineering developments in radio communications systems is introduced hoping to be a reference for future high capacity optical fiber networks.
キーワード (和) 変調方式 / 適応変調 / 周波数利用効率 / 電力効率 / OFDM / SC-FDMA / MIMO /  
(英) modulation / adaptive modulation / spectral dfficiency / transmit power efficiency / OFDM / SC-FDMA / MIMO /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 122, OCS2011-40, pp. 77-82, 2011年7月.
資料番号 OCS2011-40 
発行日 2011-07-04 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2011-07-11 - 2011-07-12 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題, 分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線通信におけるディジタル変復調技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Modulation/Demodulation Technologies for Digital Wireless Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 変調方式 / modulation  
キーワード(2)(和/英) 適応変調 / adaptive modulation  
キーワード(3)(和/英) 周波数利用効率 / spectral dfficiency  
キーワード(4)(和/英) 電力効率 / transmit power efficiency  
キーワード(5)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(6)(和/英) SC-FDMA / SC-FDMA  
キーワード(7)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei / サンペイ セイイチ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-12 13:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-40 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会