電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-11 16:30
[招待講演]通信キャリアから観たデジタルコヒーレント光通信技術への期待と取組み
坂野寿和NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,通信キャリアの観点から,次期光伝送方式として期待が高まっているデジタルコヒーレント光通信技術に対する期待を述べるとともに最近の研究取組み例を紹介する.はじめに,最近の通信ネットワークにおけるいくつかの顕在化事象から将来のネットワークへ向けた要件として,高速大容量性に加え上位互換性と自動信号疎通機能の具備が重要であることを導く.続いて,デジタルコヒーレント光伝送方式が要件を満たす上で有望であることを示す.また,100Gbit/s級のデジタルコヒーレント光伝送方式の技術確立を目指した研究取組み例として,100Gbit/s級PDM-QPSK方式のオフラインによるフィールド実験,集積化デジタル信号処理回路の試作,および試作回路を用いた高速信号疎通実験を紹介している. 
(英) This paper discusses an expectation for digital coherent optical communication technology, mainly from a telecom carrier’s perspective. Recent traffic expansion in telecom networks which is mainly led by the penetration of the Internet and FTTH services creates new requirements for telecom networks like backward compatibility and Plug & Play functionality. Digital coherent optical communication is a promising technology to fulfill them. We report several R&D activities for advancing 100Gbit/s-class digital coherent technology, including 100Gbit/s PDM-QPSK WDM transmission experiment with offline signal processing in a field environment, prototyping of digital signal processor to achieve 100Gbit/s-class real-time optical transmission. A demonstration of fast automatic channel recovery by making use of the processor is also reported.
キーワード (和) トラヒック / 光通信 / ネットワークアーキテクチャ / デジタルコヒーレント / デジタル信号処理 / / /  
(英) Traffic / Optical Communications / Network Architecture / Digital Coherent / Digital signal processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 122, OCS2011-33, pp. 39-44, 2011年7月.
資料番号 OCS2011-33 
発行日 2011-07-04 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS  
開催期間 2011-07-11 - 2011-07-12 
開催地(和) 大阪大学 中之島センター 
開催地(英) Osaka Univ. Nakanoshima Center 
テーマ(和) 光変復調方式,多値光変復調,コヒーレント光通信,非線形・偏波問題, 分散補償デバイス,光信号処理,光測定器,光通信用ディジタル信号処理,光通信計測,光通信用LSI,誤り訂正,一般 
テーマ(英) Optical modulation format, Multi-level optical modulation, Coherent optical communication, Optical amplifier/repeater technology, Nonlinerity and polarization issue, Dispersion compensating device, Optical signal processing, Optical measurement equipment, Digital signal processing for optical communication, optical communicaton measurement, LSI for optical communication, Error correction, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-07-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信キャリアから観たデジタルコヒーレント光通信技術への期待と取組み 
サブタイトル(和)
タイトル(英) Expectation for Digital Coherent Optical Communication Technology and its R&D status 
サブタイトル(英) A Telecom Carriers' Perspective 
キーワード(1)(和/英) トラヒック / Traffic  
キーワード(2)(和/英) 光通信 / Optical Communications  
キーワード(3)(和/英) ネットワークアーキテクチャ / Network Architecture  
キーワード(4)(和/英) デジタルコヒーレント / Digital Coherent  
キーワード(5)(和/英) デジタル信号処理 / Digital signal processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 寿和 / Toshikazu Sakano / サカノ トシカズ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-11 16:30:00 
発表時間 40 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-33 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会