電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-09 11:15
注意の定量化 ~ 定常体性感覚誘発電位を用いた検討 ~
川口浩和小林哲生京大MBE2011-34
抄録 (和) 本稿では体性感覚モダリティに着目し,「注意」という精神状態を定常体性感覚誘発電位(steady-state somatosensory evoked potential; SSSEP)の変調量として定量的に捉える新たな手法を提案する.被験者に対して左右示指に特定の周波数で標識した機械振動刺激を与えると同時に左右中指にはパルス刺激を与え,片方の振動刺激に
注意を向けながらパルス刺激の回数を数えさせる実験を行った.狭帯域バンドパスフィルタと主成分分析により得られる主成分得点を用い,注意によりSSSEP が大きく変調する周波数が個人毎に異なる明らかにした. 
(英) This paper describes a newly developed quantitative measurement method of "attention" based on steady-state somatosensory evoked potentials (SSSEPs). To demonstrate the feasibility of the method, we carried out a task that subjects attend on the right or left index nger both of which frequency-tagged mechanical vibration stimuli were presented. In the task, the subjects are also instructed to count the number of pulsed mechanical
stimuli given to the middle nger of the attended hand. After applying a narrow band pass lter, principal component analysis (PCA) was used to extract principal components (PCs). Subsequently, time courses of powers of reconstructed PC scores were analyzed in each subject, it was found that powers of SSSEPs in attended conditions were larger than those of non-attended conditions.
キーワード (和) 注意 / 定常感覚刺激 / 定常体性感覚誘発電位(SSSEP) / / / / /  
(英) attention / steady-state sensory stimuli / steady-state somatosensory evoked potential (SSSEPs) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 121, MBE2011-34, pp. 77-80, 2011年7月.
資料番号 MBE2011-34 
発行日 2011-07-01 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MBE2011-34

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2011-07-08 - 2011-07-09 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) The University of Tokushima 
テーマ(和) ME,一般 
テーマ(英) ME in general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2011-07-MBE 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 注意の定量化 
サブタイトル(和) 定常体性感覚誘発電位を用いた検討 
タイトル(英) Attention quantification based on steady-state somatosensory evoked potentials 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 注意 / attention  
キーワード(2)(和/英) 定常感覚刺激 / steady-state sensory stimuli  
キーワード(3)(和/英) 定常体性感覚誘発電位(SSSEP) / steady-state somatosensory evoked potential (SSSEPs)  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川口 浩和 / Hirokazu Kawaguchi / カワグチ ヒロカズ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 哲生 / Tetsuo Kobayashi /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-09 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2011-34 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MBE-2011-07-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会