お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-07 14:35
テキストデータマイニングのための統合環境 ~ TETDMプロジェクト ~
砂山 渡広島市大)・高間康史首都大東京)・ダヌシカ ボレガラ西原陽子東大)・徳永秀和香川高専)・串間宗夫宮崎大医学部附属病院)・松下光範関西大NLC2011-4
抄録 (和) TETDM(テトディーエム)プロジェクトでは,複数のテキストマイニング技術を柔軟に組み合わせて使える統合環境を構築し,
電子テキストを扱う多くのユーザの,創造的活動を支援するツールの提供を目指す.
テキストマイニングと呼ばれる技術を利用するためのシステムやツールは,各研究者が独自に構築することが多く,また論文用の試験的なシステムとなっていたりするため,
実際に世の中で使われる技術はごく一部に限られてしまっている.
そこで,既存また将来の研究成果によるテキストマイニング技術を,1つのシステム内のモジュールとして扱うことができ,
ユーザの選択したモジュールを連動させられる環境を構築し,それを無償ツールとして公開することを目指す. 
(英) In TETDM project, we develop and distribute an integrated environment to flexibly combine multiple text mining techniques.
Although text mining techniques include numerous tasks,
it is difficult to integrate and activate multiple tools for a particular task.
We attempt to provide the flexibility to integrate numerous tools that exist in the community in our proposed text mining environment.
Users can use a customized version of the proposed text mining environment for their specific tasks,
thereby concentrating solely on their creative work.
キーワード (和) テキストデータマイニング / 統合環境 / データ可視化 / グラフィカルユーザインタフェース / / / /  
(英) text data mining / total environment, data visualization / data visualization / graphical user interface / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 119, NLC2011-4, pp. 15-20, 2011年7月.
資料番号 NLC2011-4 
発行日 2011-06-30 (NLC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLC2011-4

研究会情報
研究会 NLC  
開催期間 2011-07-07 - 2011-07-08 
開催地(和) 日本IBM本社 
開催地(英) IBM Japan, Ltd. 
テーマ(和) 第1回 テキストマイニング・シンポジウム 
テーマ(英) The First Symposium on Text Mining 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLC 
会議コード 2011-07-NLC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) テキストデータマイニングのための統合環境 
サブタイトル(和) TETDMプロジェクト 
タイトル(英) Total Environment for Text Data Mining 
サブタイトル(英) TETDM project 
キーワード(1)(和/英) テキストデータマイニング / text data mining  
キーワード(2)(和/英) 統合環境 / total environment, data visualization  
キーワード(3)(和/英) データ可視化 / data visualization  
キーワード(4)(和/英) グラフィカルユーザインタフェース / graphical user interface  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 砂山 渡 / Wataru Sunayama / スナヤマ ワタル
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高間 康史 / Yasufumi Takama / タカマ ヤスフミ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ダヌシカ ボレガラ / Danushka Bollegala / ダヌシカ ボレガラ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: The univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西原 陽子 / Yoko Nishihara / ニシハラ ヨウコ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The university of Tokyo (略称: The univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳永 秀和 / Hidekazu Tokunaga / トクナガ ヒデカズ
第5著者 所属(和/英) 香川高等専門学校 (略称: 香川高専)
Kagawa National College of Technology (略称: Kagawa Nat Coll. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 串間 宗夫 / Muneo Kushima / クシマ ムネオ
第6著者 所属(和/英) 宮崎大学医学部附属病院 (略称: 宮崎大医学部附属病院)
University of Miyazaki Hospital (略称: Univ. of Miyazaki Hospital)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 光範 / Mitsunori Matsushita / マツシタ ミツノリ
第7著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-07 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLC 
資料番号 IEICE-NLC2011-4 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.119 
ページ範囲 pp.15-20 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLC-2011-06-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会