電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-01 17:00
後退オイラー法を用いた新アルゴリズムによる共分散構造解析
上山大智上智大)・青山 久東京理科大)・田中 衛上智大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 共分散構造解析は、感情や自然現象などの一見数値化できない現象の相関関係を可視化することができるというメリットがあり、ここ10年間で用いられるようになった手法である。しかし、現在用いられているソフトウェアのほとんどが入力する際の初期値やモデルに依存して結果に反映されてしまうことが多く見られる。ここで、後退オイラー法を導入した新しいアルゴリズムを提案し、初期値やモデル依存性を少なくしていくことが本研究の狙いである。そこで本研究ではアンケートの結果を共分散構造解析することで新しいアルゴリズムの優位性を示した。 
(英) The covariance structure analysis has the advantage that make it visible to phenomena that cannot be expressed numerically.The result that using software of the covariance structure analysis is depending on an initial value and the model dependencyHere, it proposes a new algorithm that introduces the back Euler method. By using a new algorithm ,it is an aim to weaken an initial value and the model dependency. In this research ,the domination of a new algorithm was shown by analyzing the result of the questionnaire in the covariance structure analysis.The comparison that uses SDP method and free software R is being researched.
キーワード (和) データマイニング / 共分散構造解析 / 統計 / アルゴリズム / / / /  
(英) Data mining / Covariance structure analysis / Statistics / Algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 106, NLP2011-50, pp. 147-152, 2011年6月.
資料番号 NLP2011-50 
発行日 2011-06-23 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-06-30 - 2011-07-02 
開催地(和) 斜里町公民館ゆめホール知床 
開催地(英) Shari-cho Kohminkan: Yme-hall Shiretoko 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-06-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 後退オイラー法を用いた新アルゴリズムによる共分散構造解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Covariance structure analysis by new algorithm that uses back Euler method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データマイニング / Data mining  
キーワード(2)(和/英) 共分散構造解析 / Covariance structure analysis  
キーワード(3)(和/英) 統計 / Statistics  
キーワード(4)(和/英) アルゴリズム / Algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 上山 大智 / Taichi Ueyama / ウエヤマ タイチ
第1著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 青山 久 / Hisashi Aoyama / アオヤマ ヒサシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 衛 / Mamoru Tanaka / タナカ マモル
第3著者 所属(和/英) 上智大学 (略称: 上智大)
Sophia University (略称: Sophia Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-01 17:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-50 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会