お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-07-01 16:50
ハイブリッド型スパース適応アルゴリズムの利得に対する入力信号の相関の影響に関する一検討
外田 脩湯川正裕新潟大CAS2011-32 VLD2011-39 SIP2011-61 MSS2011-32
抄録 (和) 本稿では,ハイブリッド型スパース適応アルゴリズムの計量を定める重みの自動制御法を提案している.
提案法は,平均二乗出力誤差の推定値が閾値以下になった時,IPNLMS法からTD-NLMS法へ計量の重みを(時間に対して線形に)シフトさせる.
二種類の適応アルゴリズムを公平に評価すべく,MSE比の幾何平均に基づく利得を新たに定義している.
数値例により,以下のことを明らかにしている:
(i) 入力信号の相関が強くなるにつれてTD-NLMSに対するIPNLMSの利得が正から負へ転ずる,
(ii) 提案法は,相関の強さに関わらずTD-NLMSに対してほぼ一定の利得を得る,
(iii) IPNLMSに対しては,相関の増加とともに提案法の利得が増加する. 
(英) We propose a simple adaptive controlling technique for the weighting parameters that govern the metric employed in the hybrid sparse adaptive filtering algorithm.
The proposed technique shifts the weights ({\it linearly in time}) from IPNLMS to TD-NLMS once an estimate of the mean squared output-error falls below some threshold.
For a fair comparison between two adaptive algorithms, a gain measure based on the geometric mean of the MSE ratios is introduced.
Numerical examples support the following: (i) the gain of IPNLMS against TD-NLMS drops from positive to negative as the correlation of inputs becomes strong, (ii) the gain of the proposed algorithm against TD-NLMS is approximately constant regardless of the strength of the correlation, (iii) the gain of the proposed algorithm against IPNLMS grows as an increase of the correlation.
キーワード (和) 適応フィルタ / スパース性 / 有色入力信号 / / / / /  
(英) Adaptive filter / sparseness / colored input signal / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 104, SIP2011-61, pp. 181-186, 2011年6月.
資料番号 SIP2011-61 
発行日 2011-06-23 (CAS, VLD, SIP, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2011-32 VLD2011-39 SIP2011-61 MSS2011-32

研究会情報
研究会 MSS CAS VLD SIP  
開催期間 2011-06-30 - 2011-07-01 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa-Ken-Seinen-Kaikan 
テーマ(和) システムと信号処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2011-06-MSS-CAS-VLD-SIP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ハイブリッド型スパース適応アルゴリズムの利得に対する入力信号の相関の影響に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) How Is Gain of Hybrid Sparse Adaptive Filtering Algorithm Affected by Input Correlation? 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 適応フィルタ / Adaptive filter  
キーワード(2)(和/英) スパース性 / sparseness  
キーワード(3)(和/英) 有色入力信号 / colored input signal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 外田 脩 / Osamu Toda / トダ オサム
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 湯川 正裕 / Masahiro Yukawa / ユカワ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-07-01 16:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-CAS2011-32,IEICE-VLD2011-39,IEICE-SIP2011-61,IEICE-MSS2011-32 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.102(CAS), no.103(VLD), no.104(SIP), no.105(MSS) 
ページ範囲 pp.181-186 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2011-06-23,IEICE-VLD-2011-06-23,IEICE-SIP-2011-06-23,IEICE-MSS-2011-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会