電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-30 16:05
Nonnegative Matrix Factorizationのための修正乗法型更新アルゴリズムとその大域的収束性 ~ ユークリッド距離最小化の場合 ~
日比亮太高橋規一九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Nonnegative Matrix Factorizaion (NMF) は与えられた大規模非負行列を二つの小規模非負行列の積で近似することである.NMFの効率的計算法として乗法型更新アルゴリズムが広く利用されているが,このアルゴリズムの更新式は分数の形で表現されるため,変数行列の値によっては更新式が定義されないという問題がある.また,この問題のためにアルゴリズムの大域的収束性も保証されていない.本論文では,行列間距離にユークリッド距離を用いる場合のNMFについて考察し,上記の問題を解決するため修正乗法型更新アルゴリズムを提案するとともに,その大域的収束性を理論的に証明する. 
(英) Nonnegative matrix factorization (NMF) is to approximate a given large
nonnegative matrix by the product of two small nonnegative matrices.
Although the multiplicative update algorithm is widely used as an efficient technique for NMF, it has a serious drawback that the update formulas are not well-defined because they are expressed in the form of a fraction. Furthermore, due to this drawback, the global convergence of the algorithm has not been guaranteed. In this report, we consider NMF in which the approximation error is measured by the Euclidean distance between matrices. We propose a modified multiplicative update algorithm in order to overcome the drawback of the original version and prove its global convergence.
キーワード (和) nonnegative matrix factorization / 乗法型更新 / ユークリッド距離 / 大域的収束性 / / / /  
(英) nonnegative matrix factorization / multiplicative update / Euclidean distance / global convergence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 106, NLP2011-32, pp. 41-46, 2011年6月.
資料番号 NLP2011-32 
発行日 2011-06-23 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-06-30 - 2011-07-02 
開催地(和) 斜里町公民館ゆめホール知床 
開催地(英) Shari-cho Kohminkan: Yme-hall Shiretoko 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-06-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Nonnegative Matrix Factorizationのための修正乗法型更新アルゴリズムとその大域的収束性 
サブタイトル(和) ユークリッド距離最小化の場合 
タイトル(英) A Modified Multiplicative Update Algorithm for Nonnegative Matrix Factorization and its Global Convergence 
サブタイトル(英) The Case of Euclidean Distance Minimization 
キーワード(1)(和/英) nonnegative matrix factorization / nonnegative matrix factorization  
キーワード(2)(和/英) 乗法型更新 / multiplicative update  
キーワード(3)(和/英) ユークリッド距離 / Euclidean distance  
キーワード(4)(和/英) 大域的収束性 / global convergence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日比 亮太 / Ryota Hibi / ヒビ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 規一 / Norikazu Takahashi / タカハシ ノリカズ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-30 16:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-32 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.106 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-06-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会