電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-24 10:30
[奨励講演]耐障害性を考慮したリンク帯域設計の実用性検討 ~ 大規模へ向けた計算時間の高速化と誤差を含む入力値への適用化 ~
杉山隆太宮村 崇植松芳彦塩本公平NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) 本発表では,IP網における耐障害性を考慮したリンク帯域設計について,その実用性に関する検討として,大規模網へ向けた計算時間の高速化,及び誤差を含む入力値の適用化に対する各提案方式及び評価結果を報告する.先に提案したリンク帯域設計方式は,把握が困難な対置間の交流トラヒック量を必要とせず,測定容易な各リンクの正常時のトラヒック量を用いて,障害発生後の各リンクへの迂回トラヒック量の理論的上限値を線形計画法により求めることで,最小の帯域設計量で障害時の輻輳発生を回避するリンク帯域設計を実現した.しかしながら,実用性の観点で次の2つの問題があった.1つはNW規模が大きくなると計算時間が急激に増大すること,もう1つは入力値であるリンクトラヒックの測定値に誤差が含まれると線形計画法の制約条件式を満たさず適用不可となることである.前者については,線形計画法で用いる変数及び制約条件式のうち計算結果への影響が小さいものを削減することで,高い計算精度を保ちつつ計算時間の大幅な高速化を実現した.後者については,二次計画法等によって線形計画法の制約条件を必要最小限に緩和することで,任意の誤差を含む入力値に対して適用可能とし,かつ微少な誤差では設計量への影響も僅かであることを示した. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 91, NS2011-47, pp. 21-26, 2011年6月.
資料番号 NS2011-47 
発行日 2011-06-16 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN OCS NS  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 和歌山大学 
開催地(英) Wakayama University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-06-PN-OCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 耐障害性を考慮したリンク帯域設計の実用性検討 
サブタイトル(和) 大規模へ向けた計算時間の高速化と誤差を含む入力値への適用化 
タイトル(英) Study on Practicality of Fault-Resilient Link Bandwidth Design 
サブタイトル(英) Reduction on Computation Time and Applization to Input Values including any Errors 
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆太 / Ryuta Sugiyama / スギヤマ リュウタ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 芳彦 / Yoshihiko Uematsu / ウエマツ ヨシヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩本 公平 / Kohei Shiomoto / シオモト コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-24 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-47 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.91 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会