電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-24 11:45
主観評価実験に基づいた和音推定システムの検討
奥井政行西野隆典成瀬 央三重大EA2011-39
抄録 (和) 演奏信号から自動で楽譜を作成する自動採譜システムの研究が多くなされている.
自動採譜システムでは,楽器音の基本周波数の推定を行うことが目的の1つとなる.
しかし,多重音に含まれる複数の基本周波数を推定するシステムを構築するにあたり,ある音の基本周波数が他音の倍音周波数と重なった場合に,基本周波数の推定が非常に困難となる.
本報告では,この問題に対し,基本周波数の推定が困難となるような和音を人間はどのようにして聞き分けているかの主観評価実験を行い,観測したスペクトルと,スペクトルから抽出した倍音構造により再構成した波形形状とが,どのように和音知覚に影響するか調査を行った.
続いて,和音知覚の調査結果に基づいた自動採譜システムを構築し,その性能評価を行った.
実験の結果,一方の基本周波数が他方の2倍音と重なる和音からなる条件において,オクターブ4とオクターブ5の和音に対する正解率は83\%となった.
また,4和音の推定実験において,従来法との比較による性能評価も行った結果,従来法より高い精度で推定できる事を確認した. 
(英) Many automatic transcription systems have been proposed and developed.
In the automatic transcription system, one of important purposes is to estimate a fundamental frequency of instrumental sound.
However, it is difficult to estimate the fundamental frequencies when the fundamental frequency of an instrumental sound overlaps overtones of another instrumental sound for developing the system to estimate multi fundamental frequencies included in multi-pitch sound signals.
In this report, we investigated how human beings distinguishes the fundamental frequencies by subjective tests.
It was also examined that the observed spectrum and the reconstructed sound wave shape influenced to the perception of chord, and the criteria to distinguish between single tone and chord were defined.
The automatic transcription system based on the proposed criteria was also developed and evaluated.
As results, the correct rate was 83\% for multi-pitch sound signals consisted of sounds in the octave 4 and 5.
Moreover, we compared with the conventional system for estimating four chords, and the results clarified that our system could estimate higher accuracy than conventional one.
キーワード (和) 多重ピッチ解析 / 和音推定 / 自動採譜 / 主観評価実験 / 聴覚特性 / / /  
(英) multi-pitch analysis / chord estimation / automatic transcription / subjective test / auditory property / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 89, EA2011-39, pp. 53-58, 2011年6月.
資料番号 EA2011-39 
発行日 2011-06-16 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-39

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 北海道医療大学 
開催地(英) Health Sci. Univ. of Hokkaido 
テーマ(和) 応用(電気)音響,音楽音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Musical Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 主観評価実験に基づいた和音推定システムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Chord estimation based on subjective criteria 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多重ピッチ解析 / multi-pitch analysis  
キーワード(2)(和/英) 和音推定 / chord estimation  
キーワード(3)(和/英) 自動採譜 / automatic transcription  
キーワード(4)(和/英) 主観評価実験 / subjective test  
キーワード(5)(和/英) 聴覚特性 / auditory property  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥井 政行 / Masayuki Okui / オクイ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 隆典 / Takanori Nishino / ニシノ タカノリ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 成瀬 央 / Hiroshi Naruse / ナルセ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-24 11:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-39 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.53-58 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会