電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-24 15:15
光パス再構築による最善努力型CWDMネットワークのスループットの改善
沖光 峻川合祥吾中井和人Md. Nooruzzaman小山長規勝山 豊阪府大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ROADMを導入したCWDMネットワークを対象とし、最善努力型のデータ伝送中に発生する輻輳の解消手法と特性について調べた。静的迂回ルーティング設定と光パス追加を輻輳解消の手法とした。実験を通して、両手法ともサービスレベルで指定される回復時間内に輻輳により劣化したスループットを回復できることを確認した。静的迂回ルーティング設定手法では、光パス再構築なしでトラフィックの微細調整が可能であり、光パス追加手法は前者より大きなトラフィックの調整に有効であることを明らかにした。 
(英) Congestion removing performance has been investigated in IP-over-CWDM networks with ROADMs under the best-effort transmissions specified by the service level agreement (SLA). Two approaches were tried to remove congestion, and the experimental results clarified that the approaches could remove congestion remotely by adding a lightpath or adding a static bypass route. The degraded throughput was recovered within a recovery time specified by the SLA. As a result, the static bypass route approach can provide fine granularity adjustment of traffic to be switched without lightpath reconfiguration, and the lightpath adding approach can provide effective adjustment of larger traffic than in the static bypass route approach.
キーワード (和) CWDM / SLA / 輻輳解消 / ROADM / 回復時間 / 光パス再構成 / /  
(英) CWDM / SLA / congestion removing / ROADM / recovery time / lightpath reconfiguration / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 92, OCS2011-22, pp. 59-64, 2011年6月.
資料番号 OCS2011-22 
発行日 2011-06-16 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN OCS NS  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 和歌山大学 
開催地(英) Wakayama University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-06-PN-OCS-NS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 光パス再構築による最善努力型CWDMネットワークのスループットの改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Degraded Throughput Recovery Performance by ROADMs in Best-Effort CWDM Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CWDM / CWDM  
キーワード(2)(和/英) SLA / SLA  
キーワード(3)(和/英) 輻輳解消 / congestion removing  
キーワード(4)(和/英) ROADM / ROADM  
キーワード(5)(和/英) 回復時間 / recovery time  
キーワード(6)(和/英) 光パス再構成 / lightpath reconfiguration  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 沖光 峻 / Shun Okimitsu / オキミツ シュン
第1著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川合 祥吾 / Shogo Kawai / カワイ ショウゴ
第2著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中井 和人 / Kazuto Nakai / ナカイ カズト
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Md. Nooruzzaman / Md. Nooruzzaman /
第4著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小山 長規 / Osanori Koyama / コヤマ オサノリ
第5著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝山 豊 / Yutaka Katsuyama / カツヤマ ユタカ
第6著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Prefecture Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-24 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-22 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会