電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-24 09:00
サッケードと追跡眼球運動の視標選択のメカニズム
三浦健一郎坂戸勇介河野憲二小川 正京大NC2011-5
抄録 (和) 日常の視覚環境において、興味を惹く対象物が視野の中で動いている場合には、その対象物を見るために2種類の眼球運動が起こる。一つは対象物に視線を向ける高速で一過性の眼球運動であり、サッケードと呼ばれる。この眼球運動は対象物の像を網膜中心窩に捉えるように働く。もう一つは、対象物の像を網膜中心窩に保持し続けるように働く、ゆっくりとした滑らかな眼球運動であり、追跡眼球運動と呼ばれる。これら二つの眼球運動は、通常一つの対象物に向かって起こるが、その協調動作を実現する神経機構はまだ良くわかっていない。本研究では、この二つの眼球運動の基盤となる視標選択が、同一の神経機構に支配されているか否かを調べるために、動く6つの刺激を用いた、視標選択の難易度が異なる二つの視標探索課題(ボトムアップ的手掛かりが利用できるか否か)を行っている時のヒトの眼球運動を調べた。その結果、追跡眼球運動系にはサッケードの実行とは無関係に働く視標選択の機構があること、サッケード系の視標選択と追跡眼球運動系の視標選択におけるボトムアップ的手掛かりの重要性が異なること、サッケード系と追跡眼球運動系で異なる視標を選択する可能性があることを示唆する所見を得た。これらの結果は、サッケードと追跡眼球運動の視標選択が完全に同一の神経機構に支配されているのではないことを示唆する。 
(英) Two eye movements are involved in the ocular tracking of a moving visual target. One is a fast and ballistic eye movement, referred to as saccade, which brings the retinal image of the visual target onto the fovea, and another is a slow and smooth eye movement, referred to as smooth pursuit, which keeps the retinal image of the target on the fovea. In usual circumstances, these two different eye movements work cooperatively to look at a single visual object chosen by the neural circuitries for target selection. However, the mechanisms underlying the cooperative behaviors have been unclear. The central question is whether a single neural circuitry dominates the target selection for two eye movement systems or not. In this study, we studied ocular tracking behaviors of four human subjects by using two kinds of visual search tasks of different difficulties for target selection (w/wo the assistance of bottom-up cue). We obtained the following findings: (1) the target selection for smooth pursuit was, in general, successfully carried out irrespective of presence/absence of saccades: (2) the target selection for smooth pursuit was more influenced by bottom-up cues compared with the target selection for saccade: (3) two eye movements could have different targets. We conclude that the systems for saccade and smooth pursuit have their own, different neural circuitries for their target selections.
キーワード (和) 視標探索 / 眼球運動 / 注意 / 視覚 / / / /  
(英) visual search / eye movement / attention / vision / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 96, NC2011-5, pp. 61-66, 2011年6月.
資料番号 NC2011-5 
発行日 2011-06-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2011-5

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 琉球大学 50周年記念館 
開催地(英) 50th Anniversary Memorial Hall, University of the Ryukyus 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング,一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-06-NC-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サッケードと追跡眼球運動の視標選択のメカニズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Mechanisms of target selection underlying saccades and smooth pursuit eye movements 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視標探索 / visual search  
キーワード(2)(和/英) 眼球運動 / eye movement  
キーワード(3)(和/英) 注意 / attention  
キーワード(4)(和/英) 視覚 / vision  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 健一郎 / Kenichiro Miura / ミウラ ケンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂戸 勇介 / Yusuke, Sakato / サカト ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 憲二 / Kenji Kawano / カワノ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 正 / Tadashi Ogawa / オガワ タダシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-24 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-5 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会