電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-24 09:50
ハトの視覚探索における注意の範囲の検討
後藤和宏大瀧 翔京大)・渡辺 茂慶大NC2011-7
抄録 (和) 本研究では,ヒト同様に視覚を主な感覚モダリティとするハトにおいて,視覚探索における並列探索と逐次探索時の注意の範囲を検討した。標的は6種類あり,妨害刺激との類似性の違いにより,3種類は瞬時に検出可能であり(並列探索), 他の3種類は精査しなければ検出困難なものだった(逐次探索)。並列探索では,標的検出時間が呈示項目数にほとんど依存しない一方,逐次探索では呈示項目数が大きくなるにつれて,検出時間が長くなった。また,どちらの探索方略においても,刺激呈示時間に応じて探索可能な範囲が広がることが示された。この結果は,並列探索も,逐次探索も同じ空間的注意のメカニズムを共有していることを示唆している。 
(英) In the present study, we examined the span of attentional splotlight during parallel and serial search tasks in pigeons, that is phylogenetically distant but another visually dominant species from humans. We trained pigeons to search for six targets. Three targets had relatively low target-distractor (T-D) similarity, and humans can instantly detect them. The other three had relatively high T-D similarity and they required serial search for humans. Pigeons’ response times increased as a function of display size for detection of high T-D similarity targets, whereas they were independent of display size for detection of low T-D similarity targets. A following experiment revealed that the focus of attention expands as a function of stimulus presentation duration in both serial and parallel searches. These results suggest that the same mechanisms of spatial attention were involved in both serial and parallel searches.
キーワード (和) 視覚探索 / 並列探索 / 逐次探索 / 注意の範囲 / ハト / / /  
(英) Visual search / Parallel search / Serial search / Span of attentional spotlight / Pigeons / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 96, NC2011-7, pp. 73-77, 2011年6月.
資料番号 NC2011-7 
発行日 2011-06-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2011-7

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 琉球大学 50周年記念館 
開催地(英) 50th Anniversary Memorial Hall, University of the Ryukyus 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング,一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-06-NC-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ハトの視覚探索における注意の範囲の検討 
サブタイトル(和)
タイトル(英) Span of attentional spotlight in pigeon visual search 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 視覚探索 / Visual search  
キーワード(2)(和/英) 並列探索 / Parallel search  
キーワード(3)(和/英) 逐次探索 / Serial search  
キーワード(4)(和/英) 注意の範囲 / Span of attentional spotlight  
キーワード(5)(和/英) ハト / Pigeons  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 和宏 / Kazuhiro Goto / ゴトウ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大瀧 翔 / Sho Otaki / オオタキ ショウ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 茂 / Shigeru Watanabe /
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-24 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-7 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.73-77 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会