電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-23 13:50
海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起における2点間の情報処理の違い
早川博章上條中庸福島康弘相原 威玉川大NC2011-3
抄録 (和) 海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起は嗅内野?層から場所などの空間情報と匂いなどの非空間情報の入力を受ける。これらの情報は樹状突起の遠位部と中位部にわかれて入力することが知られている。先行研究において空間情報を記憶する際に匂いを嗅がせると海馬依存的な再認課題の成績が有意に向上することが報告されていることから、非空間情報が空間情報の処理に影響を与えている可能性が考えられる。しかし海馬においてこれらの情報がどのように処理されているのかは分かっていなかった。本研究では歯状回顆粒細胞の樹状突起に入力される空間情報と非空間情報の処理様式を電気生理実験により明らかにし、マルチコンパートメントモデルによるシミュレーション実験からそのメカニズムを示す。 
(英) Dentate gyrus granule cells in hippocampus have the input though the lateral perforant path (LPP) with non-spatial information, smell etc., and the input though the medial perforant path (MPP) with spatial information, place. Inputs, though the LPP, from layer II in the entorhinal cortex (EC) to the lateral dendrite (LD) of dentate granule cells and those, though the MPP, are projected to the medial dendrite (MD), respectively. Recently, the hippocampal-dependent declarative memory was reported in humans. It indicated that the non-spatial information, smell, influenced on the processing of the spatial information, place. Therefore, there is a possibility that the processing of spatial information is influenced by non-specific information in dentate granule. In this study, clarify how spatial information and non-spatial information are integrated using electrophysiological experiment, and show the mechanism by a simulation experiment.
キーワード (和) 海馬 / 歯状回 / 顆粒細胞 / 樹状突起 / 情報処理 / / /  
(英) hippocampus / dentate gyrus / granule cell / dendrite / information processing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 96, NC2011-3, pp. 9-13, 2011年6月.
資料番号 NC2011-3 
発行日 2011-06-16 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NC2011-3

研究会情報
研究会 NC IPSJ-BIO  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 琉球大学 50周年記念館 
開催地(英) 50th Anniversary Memorial Hall, University of the Ryukyus 
テーマ(和) 機械学習によるバイオデータマインニング,一般 
テーマ(英) Machine Learning Approach to Biodata Mining, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2011-06-NC-BIO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 海馬歯状回顆粒細胞の樹状突起における2点間の情報処理の違い 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Difference of information processing between two dendrite locations in the hippocampal granule cells 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 海馬 / hippocampus  
キーワード(2)(和/英) 歯状回 / dentate gyrus  
キーワード(3)(和/英) 顆粒細胞 / granule cell  
キーワード(4)(和/英) 樹状突起 / dendrite  
キーワード(5)(和/英) 情報処理 / information processing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 早川 博章 / Hirofumi Hayakawa / ハヤカワ ヒロフミ
第1著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上條 中庸 / Tadanobu Kamijo / カミジョウ タダノブ
第2著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 康弘 / Yasuhiro Fukushima / フクシマ ヤスヒロ
第3著者 所属(和/英) 玉川大学脳科学研究所 (略称: 玉川大)
Brain Science Institute, Tamagawa University (略称: Brain Sci. Ins., Tamagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 威 / Takeshi Aihara / アイハラ タケシ
第4著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-23 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2011-3 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.96 
ページ範囲 pp.9-13 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NC-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会