電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-23 15:40
ファイバ内相互位相変調を用いた単一搬送光への多地点全光周波数多重方式
渡辺茂樹加藤智行岡部 亮富士通研)・Robert ElschnerReinhold LudwigColja Schubertハインリッヒ・ヘルツ研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ファイバ内の相互位相変調(XPM)を用いた任意地点から単一搬送光への全光周波数多重(光FDM)方式を提案し,動作実験結果を示す.本方式では,サブキャリア強度変調光により発生するファイバ内XPMを用いることにより,ファイバ伝送中の搬送光に,多地点から多チャンネル信号を順次周波数多重可能である.本光FDM方式の構成および動作原理を示すとともに,高非線形ファイバをXPM変調器として用いて実施した,半導体レーザの直接変調を用いた12ch.-100 Mb/s信号の光FDM,光ビート信号を用いた16ch.-1 Gb/s ASK/DPSK信号のTHz帯域光FDM,および16ch.-10.75 Gb/s QPSK信号の高密度(1 bit/s/Hz)光FDMの各実験結果を示す. 
(英) A novel configuration for an all-optical bus-topology data-multiplexing system is proposed in which multichannel signals are sequentially multiplexed by frequency-division multiplexing (FDM) on a single-wavelength optical carrier by cross-phase modulation (XPM) in nonlinear fibers (NLFs) with subcarrier modulated optical data signals. By using highly NLFs for XPM generators and providing amplitude-modulated subcarrier multiplexed optical signals generated with directly modulated lasers or optical beat signals at multiple local connection points, we successfully demonstrate sequential all-optical FDM of data signals on a single-wavelength optical carrier followed by error-free data transmission through a standard fiber.
キーワード (和) 相互位相変調 / 周波数多重 / 非線形ファイバ / 光信号処理 / / / /  
(英) Cross-phase modulation / Frequency-division multiplexing / Nonlinear fiber / Optical signal processing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 92, OCS2011-18, pp. 39-44, 2011年6月.
資料番号 OCS2011-18 
発行日 2011-06-16 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN OCS NS  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 和歌山大学 
開催地(英) Wakayama University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-06-PN-OCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ファイバ内相互位相変調を用いた単一搬送光への多地点全光周波数多重方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) All-optical Data Frequency Multiplexing on Single-Wavelength Carrier Light by Sequentially Provided Cross-Phase Modulation in Fiber 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 相互位相変調 / Cross-phase modulation  
キーワード(2)(和/英) 周波数多重 / Frequency-division multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 非線形ファイバ / Nonlinear fiber  
キーワード(4)(和/英) 光信号処理 / Optical signal processing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 茂樹 / Shigeki Watanabe / ワタナベ シゲキ
第1著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智行 / Tomoyuki Kato / カトウ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 亮 / Ryo Okabe /
第3著者 所属(和/英) 富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories Ltd. (略称: Fujitsu Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Robert Elschner / Robert Elschner /
第4著者 所属(和/英) ハインリッヒ・ヘルツ研究所 (略称: ハインリッヒ・ヘルツ研)
Fraunhofer Institute for Telecommunications, Heinrich Hertz Institute (略称: HHI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Reinhold Ludwig / Reinhold Ludwig /
第5著者 所属(和/英) ハインリッヒ・ヘルツ研究所 (略称: ハインリッヒ・ヘルツ研)
Fraunhofer Institute for Telecommunications, Heinrich Hertz Institute (略称: HHI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Colja Schubert / Colja Schubert /
第6著者 所属(和/英) ハインリッヒ・ヘルツ研究所 (略称: ハインリッヒ・ヘルツ研)
Fraunhofer Institute for Telecommunications, Heinrich Hertz Institute (略称: HHI)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-23 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-18 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会