お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-23 13:20
高次伝送路推定を適用したPADM (per transmit antenna differential mapping) によるMIMO伝送方式
久保博嗣岡崎彰浩富塚浩志三菱電機RCS2011-45
抄録 (和) 本報告では,送信アンテナ毎に異なったマッピングで差動符号化するPADM (per transmit antenna differential mapping) を用いたMIMO (multiple-input multiple-output) 伝送方式に関して,伝送路変動への追随特性の改善手法を提案する.ここで,受信方式としては,高次伝送路推定による擬似逆行列を用いて伝送路を推定する,適応形最尤判定 (MLD : maximum-likelihood detection) を採用する.なお,PADMのための適応形MLDは,PSP (per-survivor processing) により特性劣化なく大幅に演算量を削減できる.一方,高次伝送路推定の導入によりPSPの状態数は増加するが,この増加はDFSE (decision-feedback sequence estimation) を用いて抑圧できる.最後に,計算機シミュレーションにより,提案する高次伝送路推定によるPSPは,通常の伝送路推定によるPSPと比較して,約4倍の最大ドップラー周波数に対応可能なことを明らかにする. 
(英) In order to improve tracking capability for fast time-varying channels, this paper proposes multiple-input multiple-output (MIMO) transmission technologies employing per transmit antenna differential mapping (PADM), which generates an independent differentially encoded sequence for each of the multiple transmit antennas by means of space-time coding and mapping. A receiver for the proposed scheme performs adaptive maximum-likelihood detection (MLD) based on the pseudo matrix inversion with high order channel modeling. Complexity of the adaptive MLD can be drastically reduced by per-survivor processing (PSP). In addition, larger complexity due to high order channel modeling can be mitigated by decision-feedback sequence estimation (DFSE). Finally, computer simulation confirms that tracking capability of the proposed PSP with high order channel modeling is four times as large as that of the conventional PSP.
キーワード (和) MIMO / 差動時空符号化 / 適応形最尤判定 / 高次伝送路推定 / / / /  
(英) Multiple-Input Multiple-Output / Differential Space-Time Coding / Adaptive Maximum-Likelihood Detection / High Order Channel Estimation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 94, RCS2011-45, pp. 61-66, 2011年6月.
資料番号 RCS2011-45 
発行日 2011-06-16 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-45

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 琉球大学 
開催地(英) Ryukyu Univ. 
テーマ(和) 初めての研究会,鉄道,車車間・路車間通信,リソース制御,スケジューリング,無線通信一般 
テーマ(英) First Presentation in IEICE Technical Committee, Railroad Communications, Inter-Vehicle Communications, Road to Vehicle Communications, Resource Control, Scheduling, Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-06-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次伝送路推定を適用したPADM (per transmit antenna differential mapping) によるMIMO伝送方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) MIMO Transmission Technologies employing PADM (per transmit antenna differential mapping) with High Order Channel Estimation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MIMO / Multiple-Input Multiple-Output  
キーワード(2)(和/英) 差動時空符号化 / Differential Space-Time Coding  
キーワード(3)(和/英) 適応形最尤判定 / Adaptive Maximum-Likelihood Detection  
キーワード(4)(和/英) 高次伝送路推定 / High Order Channel Estimation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 久保 博嗣 / Hiroshi Kubo / クボ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 彰浩 / Akihiro Okazaki / オカザキ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 富塚 浩志 / Koji Tomitsuka / トミツカ コウジ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-23 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-45 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.94 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会