電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-23 15:15
観測信号間のコヒーレンスに基づくICA音源分離の計算量の削減
水野雄介江崎 知名大)・近藤多伸ヤマハ/名大)・西野隆典三重大)・北岡教英武田一哉名大EA2011-33
抄録 (和) 音源分離技術は音声認識の前処理や雑音抑圧に用いることができる.実環境で動作するブラインド音源分離手法として正十二面体マイクロホンアレイを用いた手法が提案されている.この手法では周波数領域の独立成分分析音源分離を用いているが,マイクロホンを60本使用しているため計算量が非常に多い.そのため実用を考慮すると計算量の削減をする必要がある.計算量の削減方法として,選択した帯域でのみ分離フィルタを学習する方法が2音源分離問題に対して提案されている.本報告ではこの手法を正十二面体マイクロホンアレイを用いた音源分離に拡張する.帯域選択の基準には振幅二乗コヒーレンスを用い,位相差の大きな帯域を選択する.音源分離を行った結果,分離精度を劣化させることなく計算量を87$\%$削減することができた. 
(英) Source separation techniques can be used in the preprocessing of speech signals, in order to improve speech recognition and reduce noise. Other researchers have proposed blind source separation techniques using dodecahedral microphone arrays and frequency domain independent component analysis as a method which works under reverberant conditions. However, the proposed method requires large amounts of processing time due to the 60 microphones used, so in actual use computational complexity will need to be reduced. In order to reduce computational complexity, we propose a method which trains th separation filters of only selected frequency bands. The technique is used in conjunction with 60-channel source separation achieved using a dodecahedral microphone array. The magnitude squared coherence between observed signals is used as the criterion of band selection, and frequency bands with large phase differences can be selected. Our experimental results showed that source separation using the proposed technique resulted in an 87$\%$ reduction in computational complexity.
キーワード (和) ブラインド音源分離 / 周波数領域独立成分分析 / 正十二面体マイクロホンアレイ / 振幅二乗コヒーレンス / / / /  
(英) blind source separation / frequency domain independent component analysis / dodecahedral microphone array / magnitude squared coherence / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 89, EA2011-33, pp. 19-24, 2011年6月.
資料番号 EA2011-33 
発行日 2011-06-16 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-33

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 北海道医療大学 
開催地(英) Health Sci. Univ. of Hokkaido 
テーマ(和) 応用(電気)音響,音楽音響,聴覚,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Musical Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-06-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 観測信号間のコヒーレンスに基づくICA音源分離の計算量の削減 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reducing Computational Complexity of ICA Source Separation Based on Coherence Between Observed Signals 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブラインド音源分離 / blind source separation  
キーワード(2)(和/英) 周波数領域独立成分分析 / frequency domain independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) 正十二面体マイクロホンアレイ / dodecahedral microphone array  
キーワード(4)(和/英) 振幅二乗コヒーレンス / magnitude squared coherence  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 雄介 / Yusuke Mizuno / ミズノ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 江崎 知 / Satoshi Esaki / エサキ サトシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 多伸 / Kazunobu Kondo / コンドウ カズノブ
第3著者 所属(和/英) ヤマハ株式会社 研究開発センター (略称: ヤマハ/名大)
Yamaha Corporate Research & Development Center (略称: Yamaha)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西野 隆典 / Takanori Nishino / ニシノ タカノリ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北岡 教英 / Norihide Kitaoka / キタオカ ノリヒデ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-23 15:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-33 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.89 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会