電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-23 12:30
波長分解ストークスベクトルの解析によるインサービス光信号品質劣化要因分離
竹下仁士野田有秀NEC)・神田祥宏賀川昌俊村井 仁OKI
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) ネットワーク障害復旧のためには、信号品質劣化要因を早急に特定することが重要である。光ネットワークでは分散、非線形、光雑音等によって信号品質が左右されるので、これらの要因毎に劣化量をインサービスでモニタすることが有効である。我々は、波長分解ストークスベクトル解析を利用して劣化要因の分離する方式を考案した。モニタ装置試作を行い、実験的検証を通して提案方式が有効であることを確認した。 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 92, OCS2011-11, pp. 1-6, 2011年6月.
資料番号 OCS2011-11 
発行日 2011-06-16 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PN OCS NS  
開催期間 2011-06-23 - 2011-06-24 
開催地(和) 和歌山大学 
開催地(英) Wakayama University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,イーサネット,光伝達網 (OTN),高速インタフェース,光制御(波長変換・スイッチング・ルーチング),光ノード技術,光クロスコネクト(OXC),光分岐挿入多重 (OADM),光多重・分離装置,光信号処理,光スイッチ素子,一般 
テーマ(英) Core/metro system, Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Ethernet, Optical transport network(OTN), High-speed interface, Optical control(wavelength conversion/switching/routing), optical node technology, Optical crossconnect(OXC), Optical add/drop multiplexer(OADM), Optical multipxing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical swtiching device, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-06-PN-OCS-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長分解ストークスベクトルの解析によるインサービス光信号品質劣化要因分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) In-service identification of signal quality by using wavelength resolved stokes vector analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹下 仁士 / Hitoshi Takeshita / タケシタ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
System Platforms Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 有秀 / Arihide Noda / ノダ アリヒデ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社システムプラットフォーム研究所 (略称: NEC)
System Platforms Research Laboratories, NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神田 祥宏 / Yoshihiro Kanda / カンダ ヨシヒロ
第3著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社研究開発センタ コアテクノロジーラボラトリ (略称: OKI)
Research & Development Center, Oki Electric Industry Co. Ltd. (略称: OKI)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 賀川 昌俊 / Masatoshi Kagawa / カガワ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社研究開発センタ コアテクノロジーラボラトリ (略称: OKI)
Research & Development Center, Oki Electric Industry Co. Ltd. (略称: OKI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 仁 / Hitoshi Murai / ムライ ヒトシ
第5著者 所属(和/英) 沖電気工業株式会社研究開発センタ コアテクノロジーラボラトリ (略称: OKI)
Research & Development Center, Oki Electric Industry Co. Ltd. (略称: OKI)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-23 12:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-11 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.92 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-06-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会