お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-17 11:35
クラウドコンピューティング環境GAEによる遠方監視制御システムの試作
宮西洋太郎アイエスイーエムSWIM2011-2
抄録 (和) ディジタル入力やアナログ入力などのセンサからのデータをクラウドコンピューティング環境下のサーバに収集し,遠方監視を行うシステムを試作したので,その結果を報告する.センサデータをマイコンにより収集し,サーバに一般的なWebアプリケーションの形態で伝送する.システムのアーキテクチャとして3つのタイプを想定した.そのうち2つのタイプについて試作を行った.また,複数ユーザの利用を想定して,一般ユーザは自己の所有するノードのみにアクセス権限をもち,他人のノードについてはアクセス不可とした. 今回の知見で,マイコンからサーバへのデータ送受信がキー技術であることが判明した. 
(英) Recently, we made a SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition) system using “Cloud Computing environment”. A micro computer(micom) gathers digital inputs and analog inputs, and then it sends those data to a server in a cloud computing environment. The general architecture is a type of Web applications. The node architecture, which configures from a micom to a server, .is assumed three types. We tried two types. We assumed many subscribers, so access right mechanism is installed. We recognize the key technology is how to communicate between micom and server.
Keyword: Cloud Computing, SCADA, Sensor network, M2M
キーワード (和) クラウドコンピューティング / 遠方監視制御システム / センサネットワーク / M2M / / / /  
(英) cloud computing / SCADA / sensor network / M2M / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 86, SWIM2011-2, pp. 7-12, 2011年6月.
資料番号 SWIM2011-2 
発行日 2011-06-10 (SWIM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SWIM2011-2

研究会情報
研究会 SWIM  
開催期間 2011-06-17 - 2011-06-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 提案型エンタプライズモデリング、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SWIM 
会議コード 2011-06-SWIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドコンピューティング環境GAEによる遠方監視制御システムの試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Prototype of SCADA System using Cloud Computing Environment GAE 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドコンピューティング / cloud computing  
キーワード(2)(和/英) 遠方監視制御システム / SCADA  
キーワード(3)(和/英) センサネットワーク / sensor network  
キーワード(4)(和/英) M2M / M2M  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮西 洋太郎 / Yohtaro Miyanishi / ミヤニシ ヨウタロウ
第1著者 所属(和/英) アイエスイーエム (略称: アイエスイーエム)
ISEM, Inc. (略称: ISEM)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-17 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SWIM 
資料番号 IEICE-SWIM2011-2 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.86 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SWIM-2011-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会