Warning: mysql_connect(): Too many connections in /home/KEN/kensys2016.php on line 1654

Warning: mysql_connect(): Too many connections in /home/KEN/kensys2016.php on line 1654
研究会 - 情報セキュリティの動向と今後の技術課題
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-17 10:50
[招待講演]情報セキュリティの動向と今後の技術課題
佐々木良一東京電機大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ウイキリークスやStuxnet の出現、ソニーのネットワークからの個人情報の大量流出などに見られるように情報セキュリティの問題は新しい局面を迎えつつあり、その主要な動向は以下のように整理することができると考える。<動向1>IPv4 ネットワークからIPv4/v6 共存ネットワークへの移行に伴い発生する問題(コンピュータネットワーク層)、<動向2>クラウドコンピューティングやポストクラウドコンピューティングに移行することによって発生する問題(応用ネットワーク層)、<動向3>通常のサーバやPC への攻撃からCritical Information Infrastructure への攻撃の増加に伴う問題(攻撃対象)、<動向4>単一で静的なリスクから対立する複数のリスクや動的なリスクを考慮すべき時代における問題(評価指標として扱うべきリスク)。これらの動向とそれに対応するために必要となる今後の技術を紹介するとともに<動向1>と<動向4>については著者らが実施している研究を紹介する。 
(英) Information security issues can be considered to reach new stage judging from appearances of Wikileaks and Stuxnet, and huge number of personal information leakage from Sony network. The main trend can be categorized as follows: <Trend 1> Issue to occur with the shifts from the IPv4 network to the IPv4/v6 coexistence network (Computer network layer), <Trend 2> Issue to occur with the shifts to Cloud computing and Post Cloud computing (Application network layer), <Trend 3> Issue with the increase of attacks from the attack to a normal server and PC to Critical Information Infrastructure (Attack target), <Trend 4> Issue to occur with the shift from era considering single and static risk to the era that opposed plural risks and dynamic risks should be considered (The risk that should be treated as evaluation index). My presentation deals with these trends and related technologies including our research activities for Trend 1 and 4.
キーワード (和) セキュリティ / リスク / リスクコミュニケーション / IPv6 / クラウドコンピューティング / / /  
(英) Security / Risk / Risk Communication / IPv6 / Cloud Computing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 81, IA2011-9, pp. 47-56, 2011年6月.
資料番号 IA2011-9 
発行日 2011-06-09 (IA, ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IA ICSS  
開催期間 2011-06-16 - 2011-06-17 
開催地(和) 九州工業大学 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) インターネットセキュリティ,一般 
テーマ(英) Internet Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2011-06-IA-ICSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報セキュリティの動向と今後の技術課題 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Trend on Information Security and Technologies for Solving Issues 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(2)(和/英) リスク / Risk  
キーワード(3)(和/英) リスクコミュニケーション / Risk Communication  
キーワード(4)(和/英) IPv6 / IPv6  
キーワード(5)(和/英) クラウドコンピューティング / Cloud Computing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐々木 良一 / Ryoichi Sasaki /
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Sasaki (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-17 10:50:00 
発表時間 45 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2011-9,IEICE-ICSS2011-9 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.81(IA), no.82(ICSS) 
ページ範囲 pp.47-56 
ページ数 IEICE-10 
発行日 IEICE-IA-2011-06-09,IEICE-ICSS-2011-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会