お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-17 13:55
パラメーターの順序関係を考慮した検定及び多変量管理図手法における一考察
藤間大典長塚豪己山本久志首都大東京R2011-16
抄録 (和) 既存の多変量統計的工程管理手法においては, 変量の次元数が増加すると検出力が劇的に低下するという問題が残されている. この問題を解決するために, 本研究では変量間の関係性に着目する. 工程において変量間の関係性が事前に分かっている場合, これを考慮し, 検定問題に組み込むことで検出力をあげることが可能である. 本研究では, 変量間の関係性として, 順序関係に着目する. 検定の対象となるパラメータに順序制約がある場合の検定では, $\bar{E^2}$検定や, $\bar{F}$検定などが知られている. しかし, 攪乱母数が検定に大きな影響を与える事がよく知られているが, 攪乱母数間に順序制約がある場合の検定手法はこれまで見られなかった. 本論文では, 撹乱母数間に順序制約がある場合の検定の提案を行う. さらに, この検定統計量をベースにしたEWMA管理図手法を提案する. 
(英) Constrained parameter problems arise in a wide variety of applications, including reliability modeling, survival analysis, statistical process control, actuarial analysis, and biological study.
In many practical situations, the parameters are often restricted by inequality constraints, which is referred to as order restrictions. In hypothesis testing problems, several approaches for incorporating the prior information about order restrictions of targeted or interest parameters have been established(e.g., $\bar{E^2}$ test, $\bar{F}$ test). However, there are few papers dealing with hypothesis testing problems wherein there is prior information about order restrictions of nuisance parameters, in spite of their great influence on power of tests. We then propose a test incorporating the prior information about order restriction of nuisance parameters. We furthermore propose an EWMA control chart based on the proposed test statistics. We show by means of a Monte Carlo simulation study that the proposed methods have some better performances than some other prominent methods.
キーワード (和) 尤度比検定 / 順序関係 / 撹乱母数 / EWMA管理図 / / / /  
(英) likelihood ratio test / order restriction / nuisance parameter / EWMA chart / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 83, R2011-16, pp. 7-12, 2011年6月.
資料番号 R2011-16 
発行日 2011-06-10 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2011-16

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2011-06-17 - 2011-06-17 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) システムの信頼性・信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2011-06-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメーターの順序関係を考慮した検定及び多変量管理図手法における一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study for Testing and Multivariate Control Chart Under Order Relationships of the Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 尤度比検定 / likelihood ratio test  
キーワード(2)(和/英) 順序関係 / order restriction  
キーワード(3)(和/英) 撹乱母数 / nuisance parameter  
キーワード(4)(和/英) EWMA管理図 / EWMA chart  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤間 大典 / Daisuke Toma / トウマ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tolyo Metropolitan University (略称: TMU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長塚 豪己 / Hideki Nagatsuka / ナガツカ ヒデキ
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tolyo Metropolitan University (略称: TMU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tolyo Metropolitan University (略称: TMU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-17 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2011-16 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.83 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2011-06-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会