電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-27 11:20
無線通信システムにおけるクロスレイヤ設計による適応パケット長制御法
森 慎太郎石井光治生越重章香川大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 従来の無線通信システムにおいて,パケット長を制御することにより特性改善を図る手法では,CSI (Channel State Information)に基づきパケット長を決定している.しかし,様々なアプリケーションサービスを区別することなく,一律にQoSの保証を行うことは,上位レイヤで定義されるQoSを下位レイヤに反映させていない点で改善の余地がある.本稿ではネットワーク層におけるパケット遅延を改善するために,上位レイヤで定義される最大遅延時間に着目して,アプリケーションサービスをストリーミング型とダウンロード型に分類する.分類したサービス型は,クロスレイヤ設計に基づき,SI (Side Information)としてレイヤ間で共有する.下位レイヤでは,CSIに基づき決定したフレームを,サービス型に応じて切り替えることにより,適応的なパケット長制御を実現する. 
(英) In the wireless communications system, there are high bit error rate and high latency problems due to multipath propagations. Therefore, in order to realize multimedia applications services over wireless networks, it is necessary to consider and provide the strict QoS (Quality of Service) guarantees. In this paper, to improve the latency performances in the network layer, we propose a new cross-layer design framework which is jointly optimized over physical, datalink and network layers. In our proposed scheme, we focus on the maximal required latency and classify the various application services into two QoS classes, e.g., streaming and downloading types. Their categorized QoS classes are sharing among layers as SI (Side Information). Since our proposed adaptive packet length controls are based on not only CSI (Channel State Information) but also QoS classes, we achieve a flexible and scalable QoS guarantee mechanism.
キーワード (和) クロスレイヤ設計 / SI (Side Information) / QoSマッピング / 適応パケット長制御 / SMD (Symbol Mapping Diversity) / / /  
(英) Cross-Layer / SI (Side Information) / QoS mapping / Packet adaptation / SMD (Symbol Mapping Diversity) / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 68, RCS2011-32, pp. 77-82, 2011年5月.
資料番号 RCS2011-32 
発行日 2011-05-19 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS IN  
開催期間 2011-05-26 - 2011-05-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ワイヤレスインターネット、マルチホップネットワーク、メッシュネットワーク、ネットワーク符号化、クロスレイヤ技術、無線通信および一般 
テーマ(英) Wireless Internet, Multi-hop network, Mesh network, Network coding, Cross layer technique, Wireless communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-05-RCS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線通信システムにおけるクロスレイヤ設計による適応パケット長制御法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Cross-Layer Designed Adaptive Packet Length Control for Wireless Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロスレイヤ設計 / Cross-Layer  
キーワード(2)(和/英) SI (Side Information) / SI (Side Information)  
キーワード(3)(和/英) QoSマッピング / QoS mapping  
キーワード(4)(和/英) 適応パケット長制御 / Packet adaptation  
キーワード(5)(和/英) SMD (Symbol Mapping Diversity) / SMD (Symbol Mapping Diversity)  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 慎太郎 / Shintaro Mori / モリ シンタロウ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 光治 / Koji Ishii / イシイ コウジ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 生越 重章 / Shigeaki Ogose / オゴセ シゲアキ
第3著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-27 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-32 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.68 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会