電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-05-27 14:05
ハールウェーブレットを用いる回路解析法の評価と改善
茂呂征一郎庄司立幸福井大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,ウェーブレット変換を用いた回路解析法が注目を浴びている.特に,我々はウェーブレットの解像度を適応的に選択することが出来る手法を提案してきた.本手法は,ウェーブレットの重要な特徴である直交性と多重解像度特性を十分に活かすことができ,計算の効率を向上させることができる.本報告では,ウェーブレット変換を用いた回路解析手法に適応解像度手法を用いた場合の計算精度を,他の逐次積分法と比較することにより,詳細に評価する.結果より,本手法がパワーエレクトロニクス回路やハイブリッドシステムの解析に有用であることを示す. 
(英) Recently, much attention have been paid to the methods for circuit analysis using wavelet transform. In particular, we have proposed the method which can choose the resolution of the wavelet adaptively. This method can fully bring out the orthogonal and the multiresolution properties of the wavelet, and the efficiency of the calculation can be improved. In this report, we precisely evaluate the accuracy of the adaptive resolution method to analyze the circuit using wavelet transform by comparing the conventional time marching methods. From the results, we show that the proposed method is suitable for analyses of the power electronics circuits and the hybrid dynamical systems.
キーワード (和) 回路解析 / ハールウェーブレット / 多重解像度解析 / 精度 / / / /  
(英) circuit analysis / Haar wavelet / multiresolution analysis / accuracy / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 62, NLP2011-19, pp. 89-93, 2011年5月.
資料番号 NLP2011-19 
発行日 2011-05-19 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-05-26 - 2011-05-27 
開催地(和) 小豆島オリーブ公園オリーブ記念館大研修室 
開催地(英) Olive park olive memorial hall 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-05-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) ハールウェーブレットを用いる回路解析法の評価と改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluation and Improvement of Circuit Analysis Method using Haar Wavelet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回路解析 / circuit analysis  
キーワード(2)(和/英) ハールウェーブレット / Haar wavelet  
キーワード(3)(和/英) 多重解像度解析 / multiresolution analysis  
キーワード(4)(和/英) 精度 / accuracy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 茂呂 征一郎 / Seiichiro Moro / モロ セイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄司 立幸 / Tatsuyuki Shoji / ショウジ タツユキ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-05-27 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-19 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.62 
ページ範囲 pp.89-93 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NLP-2011-05-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会